光コラボで再転用(事業者変更)が可能に!乗り換えるなら今がチャンス

光コラボで再転用(事業者変更)が可能に!乗り換えるなら今がチャンス

今では光の再転用の手続きがとても難しかったのですが、2019年7月1日から乗り換えがとても簡単になりました。

近年、光を利用する人が多くなっており、スマートフォンの事業者を変えると共に光の契約会社も変えてしまうという人がほとんどでした。

しかし、再転用の手続きが難しく、光の契約会社は変更しないという人もいたのですが、2019年7月1日に光コラボの再転用が簡易化されたことで、これから光もスマートフォンと同じ契約会社にする人も増えてくることが期待されます。

では、今回は光コラボでの再転用について紹介していきます。

当サイト限定のレア情報

この記事をご覧になった方のみのお得情報です!

ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボ回線、auひかり、NURO光に新規申込みもしくは乗り換えすると”キャッシュバック”があるのはご存知ですよね。

ただ、公式サイト経由だと雀の涙ほど、大手比較サイトだとキャッシュバック額は良いけど受取りが1年以上先…。どちらも利用価値ありません。

私が利用した代理店窓口では5万円を超える回線もあります。

主要なサービスであればほぼ取扱いしているようなので、誰よりも得したい方は利用を検討されてください。

もちろん、オプション加入なしで6ヵ月以内に受取れます!今のところココより条件の良い窓口は知りません。

光コラボレーションとは?

光コラボ?再転用とは?

そもそも「光コラボレーション(略:光コラボ)」がどんなサービスだかご存じですか?再転用をする際、光コラボを知らないと話が入ってこないので、不安な方は必ず理解してから読み進めてください。

光コラボはフレッツ光回線を利用したサービス

光回線という言葉を知っているという人はいても、光コラボまで知っている人は少ないのでしょうか?光コラボの再転用を利用するにあたり、光コラボについて理解しておく必要があります。

みなさんが利用しているインターネット回線の多くは、NTT東日本とNTT西日本が所有している回線で、NTTフレッツ光に使用されているものです。

NTT東日本とNTT西日本が所有している光回線を借り、インターネット通信サービスを提供していることを「光コラボレーション」と呼んでいるのです。また、光コラボレーションを略して「光コラボ」と呼んでいます。

その光コラボのサービスを提供している一部の事業者を紹介します。

光コラボ名 提供している会社名
ドコモ光 株式会社NTTドコモ
ソフトバンク光 ソフトバンク株式会社
ビックローブ光 ビックローブ株式会社
OCN光 NTTコミュニケーション
ニフティ光 ニフティ株式会社
ぷらら光 株式会社NTTぷらら
楽天ひかり 楽天モバイル株式会社

一度は聞いたことのあるサービスがあったはず。これらは全て光コラボとして提供されている光回線であり、NTTの回線設備を借りて独自のサービス名で販売しているのです。

これで光コラボについては理解していただけたかと思います。

光コラボは再転用する際だけでなく、新規で光を契約する時にも関わってくることなので覚えておくといいでしょう。

auひかり・NURO光などは別回線

KDDIの「auひかり」、ソニーの「NURO光」、その他のケーブル回線などはNTTの回線を使用しておらず、光コラボではありません。その為、この後説明する「再転用」には関係のないサービスだと覚えておきましょう。

光コラボから光コラボへ変更する再転用

再転用」という言葉は転用したものを再び転用するという意味です。

NTT東日本とNTT西日本で提供していたNTTフレッツ光を利用していた人が、光コラボの回線に乗り換えすることを転用と言います。再転用は、転用した後に再び別の光コラボに乗り換えすることを指します。

これまでは再転用不可だった

光コラボの再転用は2019年7月1日まではほぼ無理な手続きでした。

光コラボ同士の転用は認められておらず、回線工事を再度行わなければならなかったり、解約してから新規契約を行わなければならないという手間がありました。契約を引き継いだり、回線をそのまま利用することはできなかったというわけです。

2019年7月1日から手続きが簡単に!

2019年7月1日から光コラボの再転用が簡単にできるようになりました!

NTT東日本・西日本のフレッツ光から光コラボに転用し、その状態から「別の光コラボに転用」するのがOKに。これまでは解約してからでないと無理だったのが、回線工事なしで乗り換え可能となったのです。

再転用が簡単にできるようになったことで、光コラボを利用している人やこれから利用する人にとって利用しやすいサービスに様変わりしました。

再転用についてSNSの反応

ツイッターを確認すると思っていた以上に盛り上がっていました!

既に再転用で他の光コラボに乗り換えた人、再転用できるようになったのを知って検討している人、光コラボを利用している人たちには嬉しいニュースだったようです。

光コラボを再転用する方法

光コラボで再転用する方法について紹介します。

  1. 現在契約中の会社に電話して、事業者変更承諾番号を取得する
  2. これから契約する会社で事業者変更承諾番号を伝える
  3. 契約変更手続きをする

簡単に流れを説明すればこのようになります。

まず、光コラボで再転用する場合「事業者変更承諾番号」の取得が必要になります。この事業者変更承諾番号は、現在契約中の光回線の会社に電話すれば教えてもらうことができます。

但し、番号の取得には手数料が発生します。知らずに手続きを進めると損した気分になるので覚えておいてくださいねw

事業者変更承諾番号を取得したら、契約する会社に連絡して契約手続きをします。そして、契約する会社に事業者変更承諾番号を伝えれば再転用はほぼほぼ完了となります。

契約自体も今までの契約内容を引き継ぎすることができ、さらに電話番号も同じものを使用することができるので安心してください。

管理人
実際に手続きすれば分かりますが、再転用はめちゃくちゃ簡単に行えます!しかも、乗り換えでキャッシュバックまでもらえてします…。メリットしかありません(笑)

光コラボで再転用する際の注意点

光コラボで再転用する際、いくつか注意すべき点があります。結果的に損してしまう可能性もあるので必ずチェックしておきましょう。

解約金が発生する場合がある

再転用を行うと現在契約している光は解約することになります。そして、次の光コラボと新規契約するということになるのです。

契約内容によっては、現在契約している光を解約する際に解約金が発生する場合があります。その為、光コラボの再転用をする前に契約内容の確認だけはするようしてください。

光コラボによって月額料金が違う

光コラボの再転用を行なった場合、契約内容を引き継ぎすることはできますが、引き継ぎできる内容は契約者情報だったり、回線の状況や電話番号のみです。

契約料金や契約サービスの内容に関しては、新規契約した会社のものになります。

なので、月額料金が高くなる場合もありますし、安くなる場合もあります。再転用して損をしてしまうのは勿体ないので、乗り換え予定の光コラボについては以下のことを念入りに調査しましょう。

  • 毎月の利用料金
  • 新規契約時のキャンペーン・キャッシュバック
  • 初期の事務手数料
  • 更新期間や解約違約金

知識がない人を騙す「悪質な光コラボ業者」も稀にいるのでご注意ください。

管理人
一度も聞いたことがない光コラボには近寄らない方がいいです。基本的に3大キャリアや大手企業が提供しているサービスであればトラブルはないはず。

auのひかりは光コラボの再転用を利用できない

上記でもお伝えしましたが、auのひかりは光コラボではありません。auひかりはKDDIが独自に提供している光回線となります。要は光コラボとは関係ないので、契約する場合はそのつもりで。

光コラボの再転用を利用して乗り換えしよう!

今回は光コラボの再転用について紹介してきました。

光コラボはNTT東日本と西日本が提供している光回線を借りてきて、ソフトバンクやドコモなどが提供する光回線のことを言います。

再転用というのは、NTT東日本とNTT西日本が提供していたNTTフレッツ光から光コラボに転用し、さらに違う光コラボに転用した場合のことを言います。

2019年7月1日より前は再転用を簡単に行うことはできませんでした。

しかし、2019年7月1日から光コラボの再転用が契約変更や回線工事が不要で簡単に手続きできるようになったのです。

光コラボの再転用を行う場合は事業者変更承認番号を現在契約中の会社に電話して取得し、注意事項を確認しながら再転用を行なうようにしましょう。

今回説明したことを参考にし、誰よりもお得な乗り換えをしましょう!