コスパ最強の光回線はこれ!インターネット回線おすすめ比較

コスパ最強の光回線はこれ!インターネット回線おすすめ比較

現代を生きていくうえで「インターネット回線」は欠かせないインフラです。中でもスマホ普及率と比例して拡大した光回線サービス。キャリアが提供する4Gより通信速度は速く、YouTubeなど重たいサイトでも快適に利用できます。

ただ、光回線は500以上あると言われています。業界に精通している私でさえ選ぶのは大変ので、知識が乏しい人だと100%迷子になるはず。

そこで今回は、探す手間を少しでも省略してもらうため…

  • 速度の評判
  • 利用料金
  • セット割キャンペーン
  • キャッシュバック
  • 工事費なしなどの付加価値

そこそこ知名度のある約50社を対象に上記項目を比較し、おすすめしたい6社を厳選してました。あとは「自分に最も適している」と感じたサービスを確認し、申込みを検討されてください!

管理人
自宅や事務所、知人にも勧めている光回線です。また、収益を無視して選んだので、間違いなく有益な情報だと思います。

光回線とはどんなサービス?

光回線とは、数あるインターネット回線の中でも高速通信が可能なサービス。提供されているネット回線では最も速度が速く、光回線を利用すればインターネット上にあるほぼ全てのサービスを利用可能です。

光回線の種類

主な光回線

  • フレッツ光コラボレーション
  • その他(ケーブルなど独自回線)

現在、主な光回線は上記2つ。

今では主流となった「光コラボレーション」。5年ほど前までは「フレッツ光」が市場を独占していましたが、2015年2月、民間企業でもフレッツ光の設備を使用できる法律が施行されて誕生しました。

そしてもうひとつは、独自の回線網を使用した光回線です。代表的なものだと、KDDIのauひかり、世界最速のNURO光などで、フレッツ光に頼らないサービスを展開しています。

「光コラボ or 独自回線」どっちがいい?

結論からお話しすると、どちらにもメリット・デメリットがあるので、一概に一方をおすすめすることはできません。この後説明することをしっかりと確認し、自宅の環境やあなたが求めるものと照らし合わせてください。

NURO光が一番早いんじゃないの?

このいった質問をよくされますが、最速だったのは過去のこと。10Gサービスを提供する事業者は増えつつあり、近いうちに標準の速度となっているはずです。

その為、速度のみを選ぶ基準にするのではなく、もう少し大きな目で比較するのが後悔しないコツです。

後悔しない光回線おすすめ6社

厳正に比較した光回線6社を紹介しますが、おすすめ順ではないのでご注意ください。

先ほどもお伝えした通り、適した光回線というのはそれぞれの住宅環境や希望条件によって変わります。ランキングしているサイトをよく見かけますが、そういった情報は偏りまくっているので信用しないように。

  • 利用料金
  • 回線速度
  • セット割キャンペーン
  • キャッシュバック
  • 工事費なしなどの付加価値

各項目についても解説しておくので、導入後の想像をしながら選ぶようにしましょう。

管理人
※おすすめする光回線の特徴を簡単に紹介しておきます。気になるサービスがある場合は、リンクよりジャンプしてください。
回線名戸建て集合速度セット割特典
ドコモ光5,200円4,000円1G
ソフトバンク光5,200円3,800円1G
auひかり5,100円3,800円1G
NURO光4,743円4,743円2G
enひかり4,300円3,300円1G×
So-net光3,080円2,080円1G

ドコモ光(光コラボ)

「ドコモ光×ドコモスマホ」のセット割
利用料金戸建:5,200円
集合:4,000円
最大速度1G ※戸建のみ10Gプランあり
セット割ドコモのスマホ
キャッシュバック20,000円前後
プロバイダ24社から選択可能
工事費無料あり ※時期による

おすすめの人

  • ドコモのスマホユーザー
  • プロバイダを選びたい
  • 工事費無料がいい

今使っているスマホが”ドコモ”であれば、ドコモ光一択といっても良いでしょう。

他社と料金比較するとそこまで安くはないですが、ドコモスマホとセット割を適用すれば最大1,000円の割引が受けられます。そのセット割を適用できる光回線はドコモ光しかないので、よほどの理由がない限り迷う必要はないかと。

速度の評判悪そうだけど大丈夫?

ドコモ光は回線速度が遅い」といった評判をたまに見かけますが、そういった口コミの多くは環境による悪化がほとんどです。周りの住宅にヘビーユーザーがいなければ、快適な速度で楽しめると思います。

そもそも、ドコモ光はNTTフレッツ光と同じもの。特定のサービスだけ遅くなることはあまり考えられないので、回線の評判はあまり気にしない方が無難です。

新規加入特典が豪華

申込みする時期や窓口によっては工事費無料のキャンペーンを適用させることができます。更に、高額キャッシュバックを受け取れる窓口もあり、最近のドコモ光は他に負けない豪華さです。

数年前に私が契約した時なんて、工事費は満額支払い、キャッシュバックなんて1円もありませんでした。それに比べたらこれから申込みする人が羨ましい…。

※工事費無料やキャッシュバックは申込み時に確認してください。

世界最速10Gプラン提供開始

ドコモ光では一部エリアで10G(10,000M)の世界最速プランが提供開始されました。「1Gでも十分なのに10Gなんて・・」と感じた方も多いでしょうが、おそらくどんなに重たいサイトでもカクつくことはないでしょうね(笑)

まず先に提供エリアから紹介します。

東京都東京都内(世田谷区・杉並区・大田区・練馬区・江戸川区・葛飾区・足立区・板橋区・目黒区・中野区・品川区・狛江市・調布市・三鷹市)の一部エリア
大阪府大阪市
愛知県名古屋市

対象エリアは東京の都市部と大阪、愛知のみ。全国展開されるのはまだまだのようです。また、仮に提供エリア内であっても、10Gプランは申込みするだけで終わりじゃありません。

  • 通常プランより高額
  • 専用ルーターの購入が必要

重たいファイルなどを扱う人であれば活用できそうですが、普通にインターネットを楽しむだけの人には無駄かもしれません。10Gプランにするだけで出費も増えるので、現行の速度で問題ない場合はもう我慢しましょう。

プロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光は「プロバイダを選択できる」数少ない光回線となります。一応、料金の異なるタイプA・Bに分かれていますが、拘りがなければタイプAの安い方を選びましょう。また、その中でも評判の良いものを選びたいなら…

GMOとくとくBB」が断然おすすめです!

ググってもらえば分かりますが、GMOとくとくBBの評判はすこぶる良いです。V6プラス対応で高速通信を可能にしてくれるWiFiルーターの無料レンタルや、独自の高額キャッシュバックなど、他では得られない特典が満載!

ちょっと関係者みたいな解説になってしまいましたが、GMOとくとくBBに関しては本当に欠点の少ないプロバイダだと思います。

ソフトバンク光(光コラボ)

ソフトバンク光
利用料金戸建:5,200円
集合:3,800円
最大速度1G ※戸建のみ10Gプランあり
セット割ソフトバンクのスマホ
キャッシュバック50,000円~
プロバイダYahoo!BB
工事費無料実質無料あり ※時期による

おすすめの人

  • ソフトバンクのスマホユーザー
  • 高額キャッシュバックがほしい
  • 工事費無料がいい

ソフトバンクユーザーであれば「ソフトバンク光」を選んでおけば間違いないです。他社でもソフトバンクスマホとのセット割はありますが、利用料金やキャッシュバックの面で圧倒的にお得だと思います。

回線速度の評判は悪い

光回線を探している方ならご存じかもしれませんが、ソフトバンク光は速度の評判がめちゃくちゃ悪いです。ただ、その情報を鵜呑みにしてしまうと損するのでご注意ください。

口コミの特性上、悪評の方が沢山書き込まれます。そして、利用者数に比例してその数は増えるので、ドコモ光に次いで顧客を抱えているソフトバンク光は標的の的となります。

それを知らずに評判を確認すると「ソフトバンク光って微妙…」となるのは避けられません。しかし、リアルタイムでソフトバンク光を利用していますが、口コミで言われているほど遅いと感じたことはありません。

夜間でも100M以上は普通に出てますよ。

24,000円の工事費が実質無料

本来であれば請求に乗っかってくる24,000円の工事費が「実質無料」になるキャンペーンを実施しています。適用条件は以下の通り。

指定期間内に引越しされるお客さま、または現在SoftBank 光をご利用中で期間中にSoftBank 光の引越し手続きをしたお客さまは、工事費(最大24,000円)が無料となります。

出典:SoftBank公式ページ

この条件に当てはまるだけでいいので、ほぼ全ての人が対象になると思います。光回線の比較をする際に見落としがちなポイントですが、工事費が無料になるのはかなりコストダウンに繋がることをお忘れなく!

業界トップクラスのキャッシュバック額

ソフトバンク光の魅力といえば「高額キャッシュバック」です。他社でも実施しているところは沢山ありますが、大抵は10,000~20,000円程度。それに比べてソフトバンク光では…

50,000円以上のキャッシュバックを受け取ることが可能です。正直、これほど豪華な特典がもらえる光回線は見たことありません。

戸建てのみ10Gプランが利用できる

2020年中旬から「最大10G」の超高速プランが提供開始されました。NURO光の最大2Gが最速と呼ばれていた中、その5倍もの高速通信を利用できるのです。但し、今のところ対応エリアは限られていて…

東京都東京都内(世田谷区・杉並区・大田区・練馬区・江戸川区・葛飾区・足立区・板橋区・目黒区・中野区・品川区・狛江市・調布市・三鷹市)の一部エリア
大阪府大阪市
愛知県名古屋市

対応エリア内であってもダメだった報告を複数見かけましたが、異次元の速さを体感したい人はダメ元で申込みしてみては?

auひかり

auひかりの特徴
利用料金戸建:5,100円
集合:3,800円
最大速度1G ※戸建のみ10Gプランあり
セット割auのスマホ
キャッシュバック50,000円~
プロバイダ7社から選択可能
工事費無料あり ※加入条件あり

おすすめの人

  • auのスマホユーザー
  • 高額キャッシュバックがほしい
  • 工事費無料がいい

auユーザーに最もおすすめしたいのは「auひかり」です。auスマホを持っていれば”auスマートバリュー”を適用することができ、台数に応じてスマホ料金が大幅に割引されます。

1人でセット割を適用してもお得ですが、もし家族もauユーザーでまとめて適用させればかなりお得に利用できます。最大スマホ10台まで対象となるので、申込みを検討しているなら対象者の確認を怠らないように。

通信速度の評判は良い

10年以上前から通信業界に携わっていますが、auひかりの速度に関して悪い評判はあまり聞きません。しかしなぜ、光コラボと最大速度は同じなのに評判の良し悪しが生まれるのか?

その要因はおそらく、auひかりを利用しているユーザーは戸建てユーザーが多く、光コラボはマンションユーザーが多いからだと(個人的に)思っています。マンションより戸建ての方が回線の込み具合は緩やかですので。

どちらにしても、auひかり(特にホームタイプ)なら回線速度の心配はあまりしなくて良いかも。

電話同時契約で工事費実質無料

auひかりは電話オプションだけ加入すれば「工事費無料」となります。

ただ、知っておきたいのは他社光回線と比べて「工事費が割高」だということ。光コラボだと高くても24,000円を超えることはほとんどないですが、auひかりの場合…

  • 戸建て:37,500円
  • アパート:30,000円
  • マンション:30,000円

工事内容はほぼ同じはずなのになぜだか高いです。しかも、一般的な分割回数は2年(24回)のところ、auひかりは戸建てだと60回(5年)とめちゃくちゃ拘束されます。もし、分割途中で解約してしまうと残高は一括清算となります。

実質無料になるのは喜ばしいことですが、はじめから利用期間が短いと分かっているなら他を検討した方が良いかもしれません。

提供エリアの狭さから転勤族にはおすすめしない

独自回線の使ったサービスでは一番規模の大きいauひかりですが、さすがにNTTほどのインフラは整備されていません。また、マンションタイプは提供エリア内であっても、建物にauひかりの設備が未導入であれば契約できないケースも。

その為、定期的に引っ越しをしなくてはいけない転勤族にはデメリットが大きいです。

というのも、引っ越し先にauひかり(および系列のサービス)が導入できない場合、解約違約金や工事費の残債を請求されてしまいます。払うだけ無駄金となるので、長期間利用するのを前提に申込みする必要があります。

プロバイダは「GMOとくとくBB」一択

auひかりのプロバイダは8つの中から選択できます。ただ、料金やキャッシュバックの面から「GMOとくとくBB」を選ぶのが一番です。公式サイトの記載されていたキャンペーンをそのまま引用しますが…

  • 戸建て:4,000円
  • マンション:2,600円
  • 最大50,000円キャッシュバック

他社プロバイダと比較しても月額料金が安く収まります。更に、条件をクリアし満額のキャッシュバックを受け取れたら、どの光回線よりお得なのは間違いありません。

当分の間は「GMOとくとくBB」を超えるプロバイダは出てこないと思うので、auひかりに申込みするならココだと覚えておきましょう。

NURO光

NURO光
利用料金戸建:4,743円
集合:4,743円
最大速度2G ※10Gあり
セット割ソフトバンクのスマホ
キャッシュバック30,000円前後
プロバイダSo-net
工事費無料あり

おすすめの人

  • 高速通信がいい
  • 戸建てにお住まいの方
  • キャッシュバックがほしい

NURO光に申込みする最大のメリットは「回線速度の速さ」です。

日本で最も利用されている光コラボは最大1Gですが、NURO光はその倍となる2Gのスピードを誇ります。また、実測値でもかなりの速度を計測しており、契約者からの評価は非常に高いです。

提供エリアは狭い

最近では複数のサービスで10Gプランが始まったので、これまで言われてきた”世界最速”ではなくなりました。とはいえ、特別なプランを除けば2Gを提供しているのはNURO光のみであり、速さだけで見ればトップクラスと言って良いでしょう。

しかしながら、そのサービスを利用できるのは限られたエリアのみ。

NURO光の提供エリア

  • 北海道
  • 東京都・神奈川・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県
  • 愛知県・静岡県・岐阜県・三重県
  • 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県
  • 福岡県・佐賀県

サービス開始当初に比べれば拡大してきたので、対象エリア内の人も増えたはず。ただ、エリア内だからといって必ず申込みできる訳じゃありません。

「エリア内なのに提供不可だった…」という口コミが多数投稿されているため、NURO光に興味がある場合はまず先に、現在の住所および建物に導入可能か?確認することをおすすめします。

⇒公式サイトでエリア確認

ソフトバンクスマホとセット割

NURO光はソフトバンクのスマホを持っていればセット割を適用することができ、スマホ代から最大1,000円割引してもらえます。

このセット割を適用するためには「NUROでんわ(月額500円)」へのオプション加入が条件ですが、それを差し引いても大抵はお得になるケースがほとんどだと思います。

ソフトバンクスマホのデータプランによって割引額が決まるので、事前に確認だけしておきましょう。

契約している間は工事費実質無料

NURO光の基本工事費は40,000円とかなり高額。本来、この工事費を戸建て・マンションミニなら30ヵ間、NURO光forマンションなら36ヵ月の分割場払いとなります。

しかし、工事費無料キャンペーンを適用すれば分割費用が毎月割引きされ、自己負担は実質0円に。

途中解約してしまうと残債を一括請求されるのでご注意ください。

業界トップクラスのキャッシュバック額

NURO光は高額キャッシュバックをしている光回線としても有名です。しかも、NURO光では運営会社(ソニー)が主催しているので、この手のキャンペーンとしては信頼できると思います。

最大のキャッシュバック額は45,000円。ちなみに、この額を受け取るには専用の窓口から申込みが必要となります。

このことを知らない人が意外に多いので、NURO光でMAXのキャッシュバックを受け取りたい方は”必ず以下の窓口から”申込みするようにしてください。

enひかり(光コラボ)

enひかり
利用料金戸建:4,300円
集合:3,300円
最大速度1G(1,000M)
セット割なし
キャッシュバックなし
プロバイダ自社プロバイダ
工事費無料なし

おすすめの人

  • とにかく安い光回線がいい
  • セット割など面倒

他社回線では料金プランやセット割など分かりにくくなっていますが、enひかりは小学生でも理解できるぐらい簡潔なシステム。無駄なオプションなどは一切なく、ただ単純に「業界最安値水準の料金」これだけです。

戸建てだと4,300円、マンションだと3,300円と驚きの安さ。他社比較をすると「安すぎるけど大丈夫?」と疑いたくなるレベルですが、NTTから表彰されるほど実績はあるので心配は無用かと。

工事費は一括請求のみ

enひかりの工事費用は”実質無料”といったキャンペーンはなく、分割制度もありません。利用者の選択肢はひとつのみで、初回の請求時に一括払いとなります。これが唯一のデメリットだと思います。

ただ、月額料金がこれだけ安かったらすぐ回収できるはず。それに、この破格の料金で工事まで負担してしまったら、おそらく事業として成り立たなくなります。工事費用というのはユーザーから払われてもそのまま業者へ支払うものですし。

enひかりを契約するのであれば「工事費は一括請求」だと覚えておきましょう。

最低利用期間はなく解約金リスクなし

スマホにしても光回線にしても「最低利用期間」を設け、途中解約すると違約金が発生するところがほとんど。そんな中、enひかりはいつ解約しても違約金なしの契約となります。

このような強気の契約プランで運営している光回線サービスは皆無に等しいです。引っ越しの多い家庭だといつ解約するか分からないと思うので、契約期間に縛られたくない人には向いているかもしれません。

その代わり、運営側の収益が見通せないことから「キャッシュバック」はありません。まぁ、当然ですけどね。

v6プラスで高速通信

  • enひかり「v6プラス」:180円

回線の混雑を避けて通信ができる「v6プラス」をenひかりでも利用可能です。しかも、最先端の通信規格を利用する費用がたったの180円という安さ!

他の光コラボではありますが、自宅でv6プラスに変更したら「30M前後→100M超え」に改善しました。現在の回線速度に少しでも不満がある方は、v6プラスへの変更を強くおすすめします。

※光コラボであればほぼ提供しているはず。

So-net光プラス(光コラボ)

So-net光プラス(光コラボ)
利用料金戸建:3,080円
集合:2,080円
最大速度1G(1,000M)
セット割auのスマホ
キャッシュバック20,000円前後
プロバイダSo-net
工事費無料あり

おすすめの人

  • とにかく安く抑えたい
  • auのスマホを利用している
  • 快適な高速通信をしたい

So-net(ソネット)」というワードを一度は聞いたことがあるのでは?フレッツ光が全盛期だった頃から人気のあるプロバイダーで、光コラボレーションの開始に合わせて光回線を提供する事業者となりました。

キャンペーンなどを適用しないままだと魅力のないサービスですが、現在実施されている割引が入ると国内No.1といっても過言ではない安さに化けます。

また、運営会社が世界有数の企業「ソニー」であることも追い風となり、安心して申込みできる数少ない光回線だと思います。

auスマホならスマートバリュー適用可能

auスマホならスマートバリュー適用可能

So-net光プラスは「auスマホ」とセット割対象の光コラボです。

適用させる台数が多いほど割引額は増え、仮に4人家族だと最大4,000円の割引を受けることができます。もちろん、1人でも最大1,000円の割引となるので、auスマホを使っているならSo-net光プラスは候補に入れておくべきでしょう。

但し、auスマートバリューは「光電話(月額500円)」の加入が条件となっています。その為、電話サービスに申込みするつもりがない場合は、実質オプション費用を差し引いた分が割引額となります。

※データプランで割引額が決まるので、事前に確認しておきましょう。

割引特典で破格の安さになる

通常料金割引後の料金
戸建て5,580円3,080円
マンション4,480円2,080円

通常の料金は相場より高めに設定してあります。しかし、So-net光プラス最大のメリットである「割引特典」を適用すると、戸建て3,080円、マンション2,080円と驚きの料金となります。

「こんなに安くなるのは逆に勘繰ってしまう。なんか裏があるんじゃないの?」当然ここまで安くする代わりにデメリットとなることがあります。

  • 割引されるのは2年間
  • 工事費の分割回数が長い

破格ともいえる上記の料金は「2年間のみ」で、3年目以降は通常料金に戻ります。相場より500円ほど高くなってしまうので、3年目以降も使い続けるのは得策ではありません。

それと、工事費の分割回数が他より長いことも不安要素です。一般的な回数は24回(長くても36回)ですが、So-net光プラスは戸建てが60回、マンションが48回と長め。その期間が終わる前だと残債の支払いが発生するので注意が必要です。

ただ、この2つ以外はメリットしかないため、入会・退会を計画的にできる方には魅力的なサービスだと思います。

24,000円の工事費は実質無料

So-net光プラスの工事費は分割回数が長いことに加え、工事費用自体も相場より高めです。これだけ聞くと損しているように感じますが、割引特典によって通常料金から3,000円も割引されます。

したがって、本来支払うべき工事費(戸建て400円・マンション500円)は相殺され、あなたの負担は実質無料となるのです。

v6プラス対応で快適なインターネット通信

従来の通信規格であるIPv4だと、回線が混雑して速度低下になるケースが多くみられました。しかし、So-net光プラスで利用できる「v6プラス」なら、混雑せず快適な通信をすることが可能です。

ただ、新しい通信規格のv6プラスを利用するには追加費用があったり、対応するWi-Fiルーターを購入するなど、無駄な出費がかさむことも。その点、So-net光プラスなら入会時に同時申込みすれば。。

  • 月額料金400円が永年無料
  • v6プラス対応のルーター無料レンタル

快適なインターネットライフをタダで使えちゃいます!

料金やキャンペーンといったものを優先的に調べるのは大事なことですが、光回線たるもの「ストレスのない通信速度」が最低条件ではないでしょうか?

個人的に、料金の誤差よりそっちの方が大事だと思っています。

光回線のキャンペーン窓口選び

同じ光回線であっても申込みする窓口によって損得が発生します。「公式 or 代理店」なのか、キャンペーン条件など、適当に申込みしてしまうのは大変危険です。

上記で紹介した「おすすめ窓口」以外から申込みするなら、これから説明することは必ず覚えておいてください。

現在は「公式窓口」でも得できる

公式代理店最得窓口
ドコモ光公式窓口
ソフトバンク光×代理店窓口
auひかり公式窓口
NURO光公式窓口
enひかり×公式窓口
So-net光公式窓口

ご覧の通り、現在は「公式窓口」をおすすめする機会が増えましたが、数年前まで「公式窓口はクソ」というのが常識でした。なぜそのような仕組みになっていたのか?答えは簡単で、代理店にお金をばら撒き集客をサボっていたからです。

公式サイトから申込みしてもメリットは一切なしで、代理店なら高額キャッシュバックをくれる。よほどのお金持ちじゃなければ代理店を利用しますよね。

しかし、光コラボの開始によって顧客の奪い合いが激化し、代理店に頼りっぱなしだと存続が危ぶまれると感じたのでしょう。その時期から独自で主催したキャンペーンが主流になって現在に至ります。

ソフトバンクは今でも代理店に依存しているようですがw

キャッシュバック額で選ぶのは危険

誰だってキャッシュバックが1円でも多い方が嬉しいです。ただ、条件など確認せず金額のみで選んでしまうと、高い確率で後悔することになります。

キャッシュバック額で選ぶのは危険

上記画像はとある代理店が実施している「80,000円キャッシュバック」のキャンペーン詳細。キャッシュバックの額だけ見るとめちゃくちゃ魅力的に感じるますよね。

でも、よくよく内容を確認すると、光回線とは関係のない「ウォーターサーバー」の申込みが条件だと記載されています。もし、知らずに申込みしてしまうと、月4,000円(年間5万超え)程度の請求が発生することに。

百歩譲ってウォーターサーバーが必要だったとしましょう。80,000円の適用条件はクリアとなりますが、それだけでほっといても貰えるとは限らないのが本当の怖さなんです。

  • 1年後の利用明細提出
  • 指定期間内に申請手続き
  • 受取りは13か月後

ひとつでも手続きを怠るとキャンペーンは無効となります。

おそらく、申込みした4割ぐらいの人は受取れていないのでは?そう感じる口コミがネットには多数投稿されています。

全ての代理店が悪質とは言いませんが、不健全な営業をしているところが多いのは事実。なので、相場よりやたら魅力的なキャッシュバック額を提示している場合は、裏があると思って近寄らない方が身のためです。

管理人

公式でキャンペーンがあり特典内容に大差がない場合は、信頼できる公式窓口を選ぶのが鉄則。

一応、公式キャンペーンにも諸条件はありますが、代理店のような無理難題はないでしょう。確実に受け取ることを優先してください。

公式窓口から同じ光回線の申込みでも特典に違いが

全ての光回線に共通することではありませんが、同じ光回線サービスを公式窓口から申込みするとしても、キャッシュバックなどの特典内容に違いがあることも。

実際の例として「NURO光」はそれに該当します。

公式窓口から同じ光回線の申込みでも特典に差があるケースも②公式窓口から同じ光回線の申込みでも特典に差があるケースも③

左右の2つはどちらともNURO光の公式サイトをスクショしたものです。左はキャッシュバックが45,000円なのに対して、右のキャンペーンページではなぜだか43,000円。たった2,000円の差ですが同じサービスですからね。

このように知らないだけで損してしまうケースは他の光回線でもよくあることです。

全ての情報を調べろとは言いませんが、1つの情報だけで手続きを進めるのは控えましょう。ただ、調べるのは大変だと思うので、最新情報を教えてくれる代理店などを上手に活用してください。

インターネット回線選びでよくある質問

ここまでの説明で損しない回線選びはできると思いますが、知っておくと役立つかもしれないことを紹介しておきます。興味あることのみ確認したい場合は以下よりジャンプすることもできます。

光コラボレーションとは?

光コラボレーション(光コラボ)というのは、NTT東日本・西日本が管理している回線設備を民間の事業者に貸出し、フレッツ光と同等のサービスを提供することができる新しいビジネスモデルとなります。

光コラボのサービスが開始されたのは2015年2月。それまではNTTが光回線市場をほぼ独占状態だったこともあり、世界で最も高いと言われる料金水準で高止まりしていました。

しかし、光コラボの開始によって価格競争が生まれ、消費者にとって利用しやすい料金体系となりました。

全ての光コラボはプロバイダ込みの料金?

光コラボ回線の多くは独自のプロバイダを利用することが条件となっており、一部のサービスを除いて提示されている料金にはプロバイダの分も含まれています。

プロバイダが発行するメールアドレスに需要があった一昔前とは違い、GmailやYahooのフリーアドレス、LINEなどのSNSが主流となりました。その変化によってプロバイダメールの需要はなくなりつつあるので、光回線でプロバイダを選ぶ必要性も薄れてきました。

光コラボとそれ以外はどちらがおすすめ?

利用者によっておすすめは異なるので、環境などを聞かないままどちらか一方をおすすめすることはできません。ただ、そのうえでアドバイスするなら…

  • 【料金】月額費用・セット割の可否など
  • 【特典】キャッシュバック額など
  • 【スペック】最大速度など

以上の比較をすればオンリーワンの光回線サービスに出会える可能性は高くなります。それに近づくためにも「あなたが一番求めているもの」ぐらいはご自身で理解しておいた方が良いでしょう。

ベストエフォート型ってなに?

個人で申込みする光回線は基本的に「ベストエフォート型」と呼ばれるサービスです。

ベストエフォート型とは、同じ通信回線を複数の利用者で共有する仕組みのこと。回線事業者にとってはインフラコストが下がるので、1人の利用者に負担させるコストも下がります。

安く利用できるメリットがある一方で、混雑する時間帯に速度が低下してしまうデメリットもあります。決まった時間帯に遅くなるのであれば、回線が原因ではなく周りの環境かもしれません。

光回線とモバイルWi-Fiどちらがおすすめ?

インターネットを使うのが自宅メインなら光回線がおすすめですし、外出先がメインならモバイルWi-Fiをおすすめします。

ただ、最近では外出先でもフリーWi-Fiを使えるところが多く、モバイルWi-Fiの需要は低くなっている気がします。また、テレワークの割合も増えてきたので、高速通信を無制限で利用できる光回線はあった方が良い気がします。

光回線の工事費用はなぜ違いがあるの?

光回線の工事は専門業者が行うので、人件費など最低限のコストは掛かります。回線業者がその費用を負担し、後から利用者に請求する訳ですが…

  • 戸建て:18,000円
  • マンション:15,000円

上記金額を超えている場合は、その差額分を利益に上乗せしている可能性が高いです。

スマホのセット割は本当に得?

間違いなくお得です。セット割を実施しているキャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)は”解約防止”で割引しているだけで、その他にデメリットとなるようなことは一切ありません。

セット割を適用することによって支障となるのは「スマホの乗り換えが制限される」ぐらいです。

乗り換えしてもプロバイダのメアドは使える?

オプション料金を払えば引き続き使えるところ、そうでないところがあります。プロバイダが発行しているメールアドレスを継続して使いたい場合は、乗り換えする前に必ず問い合わせするようにしてください。

乗り換えしても同じ電話番号は使える?

その電話番号がどのように発番されたか?によっても引継ぎの可否が異なるため、乗り換えを検討している事業者に確認しましょう。

光コラボから光コラボへ転用する人に朗報ですが、2019年7月に可能となった「事業者変更」により、コラボ同士の乗り換えであっても電話番号の引継ぎができるようになりました。

但し、光コラボに限った情報です。auひかり・NURO光・その他独自回線に関しては確認が必要です。

光回線は何を基準に選ぶのがいい?

正しい基準はありません。新規申込み時のキャッシュバック、シンプルに安い料金、速度の評判が良い、求めるものは人それぞれです。

注意してほしいのは「何も魅力がないサービス」。数百を超える光回線が存在するので、中には消費者を騙すような悪質業者も紛れています。その為、できるだけ利用者の声が沢山あるサービスから選ぶようにしてください。

まとめ

光回線は契約すれば数年は利用し続ける大切なインフラなので、知識のないままクソサービスを選んでしまうと100%後悔します。月1,000高ければ2年で24,000円も損しますし、遅い光回線を選ぶと毎日ストレスを感じなければいけません。

今回紹介したことは全て真実です。回線選びで参考にしてもらえばきっと役立つ情報なので、分からない箇所は再度読み返すことをおすすめします。

もし、どうしても理解できないことがあった場合はお気軽に問い合わせ(またはコメント)ください。可能な限りアドバイスさせていただきます。