エキサイト光の申込み前に!業界最安に隠れたデメリットや悪評まとめ

エキサイト光の申込み前に!業界最安に隠れたデメリットや悪評まとめ

月額料金が一番安い光回線」という評判を知って、エキサイト光を検討しているのでは?確かに、数ある光回線の中で”業界最安値水準”と言っても過言ではなく、お財布に優しいサービスなのは間違いありません。

ただ、エキサイト光は「他社より安めで契約期間の縛りがない」というメリットがある一方、通信速度やサービス面については悪評が多いのも有名です。

どの光回線サービスも良い面は誇張しますが、メリットに隠れたデメリットが必ずあるものです。その点を見落としてしまうと100%後悔することになるでしょう。

その為、前向きに検討されている方は、申込みする前に以下のポイントだけはチェックするように。

  • 利用者の口コミ・評判
  • サービスや料金の概要
  • メリット・デメリット

実際に利用した人の評判を交えながら紹介していきます。エキサイト光は自分に合ったプロバイダなのかチェックしていきましょう。

エキサイト光とは

エキサイト光」は、NTT東日本・NTT西日本が運営・管理する回線設備を利用した”光コラボレーション”のひとつ。プロバイダはエキサイトが提供している「BB.excite」となります。

フレッツ光のように回線とプロバイダを分けて契約する必要がないため、料金が安くなるだけでなく、申込み状況の把握もしやすいのが特徴です。

運営会社「エキサイト株式会社」の概要

社名 エキサイト株式会社(Excite Japan Co., Ltd.)
所在地 東京都港区南麻布3丁目20‐1 Daiwa麻布テラス4F
設立 1997年8月
代表者 代表取締役CEO 西條 晋一
事業内容 インターネット情報サービス
資本金 100百万円(2019年3月31日現在)
会計監査法人 EY新日本有限責任監査法人

運営会社はポータルサイトのエキサイトで知られる「エキサイト株式会社」です。

インターネットが普及したばかりの1997年からある会社で、最近では格安SIMの「エキサイトモバイル」といったサービスもスタートしています。知名度もあり、運営会社についてはかなり信頼をおくことができるでしょう。

エキサイト光の料金プラン

光回線とプロバイダをセットで提供する「光コラボレーション(光コラボ)」により、業界屈指の低価格を実現しています。ファミリータイプ、マンションタイプのそれぞれの料金は以下の通り。

ファミリータイプ マンションタイプ
4,360円 3,360円

光回線サービスでは「割引や契約期間」があるのが一般的。しかし、エキサイト光では割引キャンペーンや契約期間がなく、独自のサービス内容を貫いています。

エキサイト光はそうした面倒なものを一切取り払ったシンプルなプランが最大の特徴です。その為、煩わしい料金設計が面倒に感じる人には向いているかもしれません。

初期費用や工事費用

初期契約時のみ、事務手数料と工事費が掛かります。

新規申込みの場合

戸建て マンション
事務手数料 1,000円 1,000円
工事費 18,000円 15,000円

転用・事業者変更の場合

戸建て マンション
事務手数料 2,000円 2,000円
工事費 0円 0円

工事費に関しては、工事担当者の派遣が必要か、配線の再利用ができるかなどで料金が異なります。派遣しなくても良い場合は”無派遣工事”となり、低コストで工事を行うことが可能です。

管理人
工事ありなしの判断は申込みしてからでないと判明しません。あなたの運次第となるので、無派遣となるように神頼みしましょうw

エキサイト光の3つのメリット

エキサイト光のメリットはやはり月額料金の安さです。ただ、それ以外にも把握しておきたいメリットがいくつかあり、申込み者によってはかなりお得に感じるケースもあるはず。

簡単にまとめるとこんな感じです。

エキサイト光の3つのメリット

  • 月額料金が安い
  • 料金プランがシンプル
  • 契約期間がなく解約金も0円

それぞれ分かりやすく解説していきますね!

月額料金が他のプロバイダより安い

エキサイト光の最大の魅力でもある料金の安さ。特に、戸建タイプの料金は別格で、他のプロバイダに比べると1,000円程度安いケースもあります

利用者の多い人気サービスと比較すると分かりやすいので、戸建て・マンション別に確認してみましょう。

戸建て マンション
エキサイト光 4,360円 3,360円
ドコモ光 5,200円 3,800円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
auひかり 5,200円 4,050円
NURO光 4,743円 4,743円
BIGLOBE光 4,980円 3,980円

「料金が高めのサービスと比較しただけなんじゃないの?」

このように疑っている方がいるかもしれませんが、決してそんな無意味なことはしてないのでご安心ください(笑)4社とも利用者の多い代表格のサービスであり、業界内でもお得さではトップクラスの顔ぶれです。

その中でも、エキサイト光は純粋にめちゃくちゃ安いです。一応、更に安い「enひかり」などもありますが、業界最安値水準なのは嘘じゃありません。

料金プランがシンプル!割引に頼らない料金設定

エキサイト光は、料金が安いだけじゃなく”シンプルで分かりやすい”のも魅力のひとつ。

他のプロバイダでは、はじめだけ割引で安くなるけど、半年~1年ほど経つと割引が終了して料金が上がってしまう。また、セット割プランを適用させないと安くならない。といったケースも少なくありません。

その点、エキサイト光の料金プランはお年寄りでも理解できるシンプルさ。HPに記載されている料金のみで利用することができます。

たとえば、BIGLOBE光の「月額料金大幅値引き」特典で申し込みをした場合には、1年目こそ格安で利用できますが、2年目以降は大幅に料金がアップします。

戸建タイプ マンションタイプ
1年目 3,500円/月 2,500円/月
2年目以降 4,980円/月 3,980円/月

割引なども気にしつつ、契約するプロバイダを選んでいくことが面倒に感じる人にとっては、月額料金がシンプルに安いエキサイト光は利用しやすいプロバイダと言えるでしょう。

契約期間の縛りがなく解約金も0円

エキサイト光は契約期間がなく、いつでも解約可能

基本的に2年縛りで拘束される契約プランが多いうえ、指定月に解約しないと高額な違約金を請求されてしまいます。いくら毎月の料金が安くても、最終的に得した分を払ってしまっては意味がありません。

2年以内に引越しの予定があるなど、もしかしたら短期間で解約する可能性がある人には選ぶ価値のあるサービスです。

ただし、キャンペーンの適用をして申込みした場合は、最低利用期間や解約金が設定されることもあります。また、工事費を分割にしている場合も、完済する前に解約すると一括請求されるので、この2点だけは覚えておくように。

管理人
契約期間なしの光回線は数えるほどしかありません。2年利用継続する自信がない方であれば、エキサイト光は有力候補に入れておきましょう!

エキサイト光の4つのデメリット

エキサイト光は料金が安いという大きなメリットがある一方で、通信速度やサービス面については悪評が多いです。「安いけど通信が遅い」というのがエキサイト光のもっぱらの評判となっています。

料金の安さだけ見て申込みをする前に、デメリットについてはしっかり把握しておきたいところ。以下4つを知らずに申込みするとマジで後悔しますよ。

エキサイト光の4つのデメリット

  • 通信速度が遅い
  • 解約手続きが分かりにくい
  • お問合せ窓口への電話が有料
  • キャッシュバックキャンペーンがない

通信速度が遅い

回線速度の評判は、冗談抜きでかなり悪い。

特に、夕方~ゴールデンタイム(22時~2時ごろ)と呼ばれるインターネット利用者が多い時間帯になると、回線が混雑し速度が落ちる傾向があるようです。

もちろん、口コミの特性上、不満に感じたことを中心に投稿されているとはいえ、速度の評判を調べると明らかに低評価の口コミばかり。速くて当たり前の”光回線”でストレスを感じるのは嫌ですよね…。

回線についてはフレッツ光と同じなので問題ないはず。となると、プロバイダである「BB.excite」に何かしらの問題があるとしか考えられません。

利用者のエリアや環境によって変わるものですが、夜間にネットをガンガン使いたい場合は、エキサイト光以外のプロバイダも検討した方が良さそうです。

解約手続きが分かりにくい

解約手続きが分かりにくい」という声がちらほらあったので、実際に公式サイトで解約手順を調べたところ…

  1. Web上の「エキサイト光解約受付フォーム」から解約申請
  2. エキサイトカスタマーサービスセンターより解約手続きについて、メールまたはお電話で案内の連絡が来る
  3. レンタル機器の返却

Web上での解約申請後、電話での手続きが含まれる点が少し面倒に思えました。他社回線ならネット手続きのみで完了するのに、なぜわざわざ再度確認しようするのか?

想定されるのは、解約理由を聞くという名目で「解約阻止」を目論んでいるか、手続きが面倒で諦めさせるか。あくまで個人的な見解ですが、簡単に入会させているなら同じように解約もさせるべきでは?と感じてしまいます。

電話手続きがあることを知らなかったり、忘れていたりすると、解約が完了できずに翌月分の料金が発生する可能性があるので注意が必要です。

お問合せ窓口への電話が有料

エキサイト光のお問い合わせ窓口への電話はフリーダイヤルではないため、通話料がかかります。

インターネットに関する問い合わせは解決までに時間を要することが多く、数十分程度繋ぎっぱなしというのも珍しくありません。その通話料を契約者が負担となると、あなたの想像を遥かに上回るコストとなります。

ちなみに、ナビダイヤル(0570)の通話料金は、携帯だと平日昼間4.5秒10.8円〜20秒10.8円なので、30分ぐらい話してしまうと1,000円弱も掛かることに。

いくらインターネットの利用料金が安くても、問い合わせでそれだけ掛かるとメリットは帳消しとなります。

管理人
配線の接続方法などを自分で出来ない、カスタマーを頻繁に利用する人には不向きかも。フリーダイヤルが設置されているサービスを探しましょう。

エキサイトカスタマーサービスセンター

料金などの窓口 0570-783-812
テクニカルサポートの窓口 0570-783-812

余談ですが、他社サービスの問い合わせ窓口は基本的にフリーダイヤルとなっています。この点に不安を感じた方は、以下の記事を参考にして、他の回線も検討されてください。

キャッシュバックキャンペーンがない

エキサイト光はキャッシュバックキャンペーンがありません。

プロバイダによっては3万円~4万円ほどの高額のキャッシュバックを貰えるところもありますが、エキサイト光は月額料金を安くする以外はこれといって大きなメリットなし。また、割引キャンペーンなどもほとんど実施していないサービスです。

その為、私のように「プロバイダ選びはキャッシュバック重視」という人にとっては魅力に欠けます。以下の記事でキャッシュバック比較をしているので、1円でも得したいのであれば是非参考にしてください!

 

まとめ:安くて気軽に使えるプロバイダを契約したい人にはおすすめ

エキサイト光のメリット・デメリットを紹介しました。メリット・デメリットをまとめると以下の通り。

メリット デメリット
  • 月額料金が安い
  • 料金プランがシンプル
  • 契約期間がなく解約金も0円
  • 通信速度が遅い
  • 解約手続きが分かりにくい
  • お問合せ窓口への電話が有料
  • キャッシュバックキャンペーンがない

月額料金が安く、契約期間の縛りがないことから、煩わしい料金体系ではなく”シンプルイズベスト”を好む人にはピッタリな光回線だと思います!

しかし、通信速度やサービス面についてはやや難ありといった感じなので、通信速度を重視したい場合は他のサービスを選んだ方が無難かもしれません。

あなたのライフスタイルに適しているのか?メリット・デメリットをしっかりと把握し、申込みしてから失敗した・・と感じることのないように、この記事だけでなく、公式サイトのチャットサービスなども活用しましょう。