インターネットの通信速度はどれぐらいが目安?遅くなる原因も知っておこう

インターネットの通信速度はどれぐらいが目安?遅くなる原因も知っておこう

スマホやパソコンを持っていると、インターネットを使わない日はほとんどない方が多いでしょう。そこで気になるのが「通信速度」です。

どれくらいの通信速度があれば、快適にインターネットを使い続けることができるのか?ネット回線を利用していれば一度は悩んだことがあるはず。もちろん、利用する環境や用途によって異なりますが、これから紹介することを覚えておけばきっと役立つことがあると思います。

使用目的に合わせたインターネットの通信速度の目安や、各インターネット回線の速度の目安についてご紹介いたします。

光回線選びが面倒な方へ

これだけは言っておきます。無数にある光回線の料金やキャンペーンを比較し、その中からひとつだけ選ぶのはめちゃくちゃ大変な作業で時間もかかります。

そんな無駄な時間を費やすなら、リアルタイムで一番お得なサービスを提案してくれる専門家(代理店さん)にアドバイスをしてもらいましょう!

当然、相談料は1円も掛からないうえ、公式にはない高額キャッシュバックまで受け取れます。

また、主要なサービスであればほぼ取扱いしているので、あなたに適したインターネット回線が必ず見つかるはずです!悪いことは言いません…

プロに頼った方が100%得しますから。

インターネット通信速度の単位を知ろう

知らなくても困ることは少ないですが、一応インターネットの速度単位から説明します。

通信速度の単位には「bps」という単位が使用されます。当然、この単位が大きいほど通信速度も速いものになり、小さければ利用環境が悪化してしまう恐れが高いです。

速度の単位は一秒間に転送できるデータの数を表しており、1Kbpsは1000bps、1000Kbpsは1Mbpsとなります。

Kbps、Mbpsなど、通信速度の単位は頭の片隅にしまっておきましょう。

通信速度 利用状態
30Mbps以上 ほぼどの利用方法でも快適に使える
10~30Mbps 多くの利用目的で快適に使える
5~10Mbps やや快適。利用目的によっては使いにくいことも
1~5Mbps 動画が止まりやすい
1Mbps以下 動画や高画質の画像の読み込みに時間がかかる
管理人
近年は重たいデータを扱っているサイトが多いので、一昔前より速度がそれなりにないとストレスに感じることも。通信速度に関しては”速ければ速いほど良い”と覚えておいてください。 

通信速度の目安を知ろう

インターネットを使う上で「快適に利用できる通信速度は10Mbps」からとされています。

通信速度には上りと下りがあり、上りは送信やアップロードに関係し、下りは受信やダウンロードに必要なものです。その為、ホームページを観覧したり、アプリをダウンロード、動画を使用する場合はこの下りの方に注目する必要があります。

インターネットの通信速度表示の多くは「最大通信速度○Mbps」という表示がほとんど。しかし、こういった表示は約束された通信速度ではなく、物理的に可能な速度となります。

なので、プロバイダや場所、混雑状況によって通信速度は変動し、実際にはこの数値の3割~6割程度だと思っていたい方が無難です。

メールやLINEがメインの場合

メールやLINEなどのメッセージのやり取りは、データ容量をほとんど気にせず利用可能です。

比較的低い通信速度でもスムーズに利用することができ、ビジネスや家族、知人との連絡程度にしか利用しないという場合には128Kbpsから1Mbps程度あれば問題ないと思います。

静的なWebサイトをよく観覧する場合

ホームページをよく観覧する、データのダウンロードをよくするという場合は、1~10Mbps程度の通信速度が出ていれば快適に利用することができます。

画像をスムーズに検索したい場合も、3Mbps以上あればサクサクとチェックすることができるでしょう。文章がメインのホームページを多く観覧する場合は1Mbps程度で問題ありません。

ユーチューブなどで動画をたくさん視聴する場合

動画をたくさん視聴する場合は、その動画の画質によって必要な通信速度が変わります。

スマホで低画質の動画を視聴する場合は、0.7Mbps程度の通信速度があれば満足に視聴することができます。少し画質が上がると1.1Mbps程度が必要になります。

但し、HD画質の動画を視聴するためには、さらに速い通信速度でなければ途中で止まったりダウンロードできない可能性があります。そういったサービスを利用するなら、2.5~5Mbps程度の通信速度は最低でもあった方が良いでしょう。

また、動画の中でも最高画質の4K動画を楽しむためにはさらに速い通信速度が必要です。20Mbps程度あれば快適に視聴することができるはず。

見たい動画の種類が通信速度に適しているか確認してみましょう。

オンラインゲームをする場合

オンラインゲームをよくする場合、快適に遊ぶためにも速い通信速度が必要になります。

簡単なゲーム、データの使用量が少ないゲームであれば3Mbps程度でも問題ありません。しかし、長時間ゲームをする、複雑なゲームや高画質のゲームを楽しむためにはより速い通信速度が必要です。

各インターネット回線の速度の目安

インターネット回線の中でもメジャーな回線の速度をご紹介いたします。

利用者の多い主要回線の速度

サービス名 最大速度
フレッツ光回線 1Gbps
auひかり回線 1Gbps
ドコモ光回線 1Gbps
NURO光回線 2Gbps
ケーブルテレビ 300Mbps
WiMAX 1Gbps
ポケットWiFi 600~1,200Mbps

表の上記5件は固定回線ですので比較的安定した速度で利用できます。一方、WIMAX・ポケットWiFiに関しては”スマホの電波と同じ”なので、場所や環境によって速度は変動しやすいです。

ただ、前項で説明した通り、インターネットを利用するのに必要な速度は1Gなんていりません。オンラインゲームなど速度が重視される用途がなければ、固定回線及びWiFiサービスどちらでもストレスは感じないでしょう。

「固定回線 or モバイルWiFi」どちらがいいの?

お金が余っていれば両方契約すれば良いでしょうが、普通はどちらかひとつだけの選択になる人が多いはず。選ぶ際はメリット・デメリットを見比べ、あなたの生活に合ったサービスを選択してください。

メリット デメリット
固定回線
  • 常時、高速で利用可能
  • 通信制限なし
  • 自宅のみで使用
  • 開通工事が必要
モバイルWiFi
  • 外出先でも利用できる
  • 開通工事なし
  • 速度が不安定
  • 通信制限がある

細かいことは他にもありますが、最も大切なことは「速度重視か?利便性重視か?」この2つをしっかりと検討してから申込みしましょう。

インターネットの通信速度が遅くなる原因は?

高速の回線やプロバイダを選んだはずなのに、インターネットを利用していると頻繁に遅くなってしまう…。そんな時は何が原因なのか?

通信速度が遅くなるのにはさまざまな原因があるので、考えられるものをいくつかチェックしてみましょう。

回線にアクセスが集中している

同じ回線に多くのアクセスが集中すると、当然ですがインターネットにアクセスしにくくなります。時間をズラすなどしてアクセスすると問題なく利用できることもあります。

一般的に夜間やお昼休みの時間などは回線が混雑しやすくなるので、この原因で遅くなってしまう場合は改善するのが難しいかもしれません。

管理人
契約しているサービスごと変えれば改善される可能性があります。固定回線であってNTT系、それ以外と使っている回線設備は違うので、光回線を専門に扱っている代理店などへ相談してみましょう。

プロバイダに原因がある場合

同じ回線を利用していても、プロバイダによって通信速度に違いが生じることがあります。

確認方法は、契約しているプロバイダの公式ホームページや、公式で運営されているSNS(ツイッターなど)で通信障害などを周知していることもあります。遅い!と感じたらまず確認してみてはいかがでしょうか。

Wi-Fiの電波状況の問題

Wi-Fiを利用している場合は、電波を拾いにくい場所だったり、Wi-Fiから離れすぎていると繋がりにくくなることがあります。また、コンクリートの壁を隔てていると弱くなる習性があるので、利用場所を変えるなどの対策を試してみてください。

接続機器自体に問題がある

有線の場合は接続機器自体に問題がある可能性もあります。

ONU(光回線終端装置)やルーターが故障していたり、ケーブルが傷んで接続がしにくい状態になっていることも考えられます。また、ルーターの型番が古いと最新のスペックに追いつかず通信速度に対応しきれません。

更に、規格外のケーブルを使っていると通信速度に影響することもあるので、ルーターが古くない、故障している様子が見られない場合は、ケーブルを買い換えることで使いやすくなるかもしれません。

通信速度の目安を把握して快適に利用しよう!

簡単ではありますが、通信速度の目安についてご紹介しました。

インターネットを利用するときに最も重要な通信速度。メッセージのやり取り程度なのか、動画やゲームを楽しむのかなど、利用目的に合った通信速度を覚えておけば快適な環境でネットができると思います。

最後に、通信速度はGoogleで「スピードテスト」と検索することですぐに知ることができます。

速度はどのくらいなんだろう?と感じたら是非確認してみましょう!