ルース光の口コミや評判まとめ!解約金のデメリットは確認必須かも

ルース光の口コミや評判まとめ!解約金のデメリットは確認必須かも

新規もしくは乗り換えで「ルース光」を検討しているなら、既に利用されている方々の口コミや評判の確認は必須です。

そこで、ネット上の口コミを隈なく調査してみましたが、目を疑いたくなるぐらいルース光に対しての情報が見当たりませんでした。これでは皆さんに役立つ情報を届けることができない・・と悩んだ結果…

今回は、申込み前に知っておきたい料金プランのことや、光回線の契約で知らなきゃ損する解約違約金について紹介することにしました!申込みを検討している方ならきっと為になるはずです。

管理人
ルース光はあまり知られていない光コラボなため、ネットに情報がほとんどありません。そんなルース光を調査して実態を丸裸にしてみました!この記事を読んでもらえれば、ルース光を契約するべきかそうでないかが判明するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

光回線選びが面倒な方へ

これだけは言っておきます。無数にある光回線の料金やキャンペーンを比較し、その中からひとつだけ選ぶのはめちゃくちゃ大変な作業で時間もかかります。

そんな無駄な時間を費やすなら、リアルタイムで一番お得なサービスを提案してくれる専門家(代理店さん)にアドバイスをしてもらいましょう!

当然、相談料は1円も掛からないうえ、公式にはない高額キャッシュバックまで受け取れます。

また、主要なサービスであればほぼ取扱いしているので、あなたに適したインターネット回線が必ず見つかるはずです!悪いことは言いません…

プロに頼った方が100%得しますから。

ルース光とは

ルース光とは、NTTから光回線の設備を借り受け、独自のサービスを追加して提供する「光コラボ」の一つです。ルース光のルース(Luz)はスペイン語で光という意味があります。

つまり、ルース光の意味は「光光」ってことになっちゃいますねw

株式会社ライチェの概要

ルース光は株式会社ライチェが運営しており、光コラボだけでなくモバイルWi-Fiのレンタルや「ルース光でんき」というサービスも提供しています。

株式会社ライチェの詳細はこちら。

会社名 株式会社ライチェ
本社所在地 〒540-0025
大阪府大阪市中央区徳井町2-4-14
設立 2008年7月14日
代表者名 宮本 成浩
資本 1,560万円
従業員数 20名
決算期 6月30日
事業内容 情報インフラ事業
物流事業
WEB事業
インシュアランス事業
マリン事業

設立されたのが2008年と、光コラボサービスを提供する会社の中では歴史が浅い方です。ただ、事業内容を詳しく見てみると回線サービス以外にも幅広く展開している模様。

  • 光コラボレーションモデルの企画・運営・販売
  • 一般家電製品やパソコンなどの卸売
  • 各種生命保険の取扱
  • ブランド化粧品を中心とした商品の直接販売
  • WEB広告代理店販売
  • ボートサーフィンサービスの運営

求人媒体に公表されてた従業員数はたったの20名。これだけの事業をやっていくには少なすぎる?と感じるのは私だけかな…。

ルース光の料金プラン

ルース光

ルース光には下記のプランがあります。

  • ルース光プラン2
  • ルース光セット
  • 光セット+McAfee
  • ライトプラン
  • ライトプラン+McAfee
  • ルース光ISP

ルース光ISP以外で申し込みできる全てのプランは、契約更新期間が3年と一般的な光回線より1年長いです。一般的な契約期間は2年が多いので、後ほど説明する「解約金」のリスクがちょっと高そうな気もします。

それぞれの料金プランの詳細と、注意事項をまとめてみました。

光回線とプロバイダがセットのプラン

ルース光セット」は光回線とプロバイダがセットになった、プロバイダ一体型プラン。もともとは「ルース光ISPセットプラン2」だったのですが、2018年10月から名前を変更して現在に至ります。

そんな「ルース光セット」の詳細はこちらになります。

プラン名 ファミリー マンション
通信速度 最大1Gbps 最大1Gbps
月額料金 5,280円 3,980円

ルース光セットに月額料金をプラスすることで、ウイルス対策ソフトの「McAfee」がオプションとしてついてきます。マカフィーを付属させた料金はこちら。

ファミリー マンション
5,480円 4,480円

注意点としてMcAfeeだけを解約することはできず、該当するプランごと解約しなければいけません。そのため、解約違約金を請求されてしまうハメになるので注意が必要。

ネット利用が少ない方向けのプラン

ルース光セット ライトプラン」は戸建てのみ契約することができ、通信量に制限がかかった光回線とプロバイダがセットのプラン。こちらのプランも月額料金をプラスすることで、McAfeeをオプションとしてつけられます。

ライトプランの詳細はこちら。

プラン名 料金 基本
通信量
ルース光
ファミリー
ライト
4,280円

5,880円
東日本
3,040MB
西日本
3,000MB
ルース光
ファミリー
ライト
+McAfee
4,480円

6,080円

基本通信量を超過すると100MBごとに28円加算され、一定の通信量を超えると上限料金に達します。通信量の上限は東日本が10,040MB、西日本は10,000MBです。

ネットをあまりしない人は定額プランよりも1,000円安く利用できますが、上限まで利用すると定額プランよりも600円高くなってしまいます。Youtubeなど容量の重たいサイトを利用する場合は、最初から定額プランを選んでおいた方が良いでしょう。

光回線のみ、プロバイダのみの契約もできる

これまで紹介したプランと異なり、”光回線のみ”や”プロバイダのみ”の申し込みができます。光回線のみのプラン詳細はこちらです。

ファミリー マンション
月額料金 4,780円 3,780円

ただし、光回線のみ契約してもインターネットに接続できません。ネットに接続するためには、光回線とは別に「プロバイダ」が必要になります。

月額料金が安いからと言ってプロバイダが必要なことを知らずに申し込みすると、「ネットに接続できない!」なんてことも考えられますので、注意してください。

私の知り合いに、安い月額料金に釣られたのか「光回線契約したのにネットに接続できないよ~」と相談を受けたことがあります。この記事を読んでいる方はそんなふうにならないでくださいねw

光回線のみ契約できるプランを紹介しましたが、プロバイダのみ契約できるプランも用意されています。

プラン名 更新期間 月額料金
ルース光ISP
プラン1
2年 1,280円
ルース光ISP
プラン2
3年 980円

更新期間を3年から2年にするだけで、月額料金が300円も高くなってしまいます。他の料金プランにはありませんが、プロバイダだけを契約した場合は開通月無料になりますw

こちらも光回線のみ同様に、プロバイダのみの契約をしても光回線を開通させていなければネットの利用ができません。

ADSLを利用している方向けの”プロバイダーのみ”プランもありますが、ほとんどの方は利用しないと思うので割愛します。

解約時に注意!めちゃくちゃ高い違約金

ルース光は光コラボの中でも、解約違約金がトップクラスに高いので注意してください。

解約に必要な違約金は契約から3年までの場合30,000円、3年経過後は20,000円になります。もし、中途解約してしまうと工事費の残債も支払わなければいけません。

回線工事費は工事の種類によって料金が変わりますので、以下の表をご覧ください。

工事の種類 工事費
新規設置 24,000円
既存配線の変更 24,000円
配線設備再利用 9,600円
派遣工事なし 3,000円

工事費は月々800円の30回分割払いで、中途解約すると残債分を一括請求されてしまいます。例えば、新規契約したけど急な転勤や引っ越しのせいで2ヶ月の利用でやめてしまう場合…

解約違約金 30,000円
工事費 22,400円
合計 52,400円

なんと52,400円も請求されてしまいます!

解約するだけでこんなに違約金を支払わなければいけないなんて…。これだけ違約金が高いと解約させる気がない、というふうに捉えられてもおかしくないですよねw

管理人
ご存知だと思いますが、解約違約金を負担してくれる光コラボの代表として、「ソフトバンク光」や「auひかり」があります。もしも高い違約金を支払うことになったとしても、違約金を負担してくれる光コラボを覚えておけば乗り換えも安心ですね。

ルース光を他社の光回線と比較

ルース光の月額料金を他社の光回線の月額料金とルース光を比較してみました。

光回線 戸建て マンション
ルース光 5,280円 3,980円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
auひかり 5,100円 3,800円

他社と比較した結果、ルース光の料金は平均的であることが分かりました。

となると、気になるのが「高額な解約金」。同じぐらいの利用料金で使える他社サービスでは、解約金のリスクはルース光ほど高くないところばかり。その点を踏まえると、現段階ではう~ん…となっちゃいますねw

キャッシュバックなどのメリットなし

残念ながら、ルース光は長期利用による割引や、スマホと一緒に契約して割引される「セット割」がありません。プロバイダのみ契約すると開通月が無料になりますが、正直そんなプランを申し込む人は多いとは言えないです。

そのため、これ以上月額利用料金が安くなることはなく、少しでも節約をしたい方には向いていません。

光コラボの目玉、キャッシュバックもない

光回線を選ぶときに一番分かりやすいメリットといえばキャッシュバックですが、ルース光にはそのようなキャンペーンはないようです。他社だったら申込みするだけでこんなにもらえるのに…

光回線 相場
@nifty光 30,000円
ビッグローブ光 30,000円
ソフトバンク光 45,000円

高額なキャッシュバックがあれば月額料金の支払いに充てたり、ちょっとした贅沢もできるので是非ともキャッシュバックは受け取っておきたいところです。

ぶっちゃけ、光回線なんて品質などの面に大きな差はありませんから。

光回線選びで悩んでいる方へのオススメは?

個人的に利用しているのは「ソフトバンク光」です。その他にも「NURO光」や「auひかり」など申込み時に高額キャッシュバックをもらえる光回線は沢山あります。

自分で申込みしたソフトバンク光をおすすめしたいところですが、時期によってお得度に違いがあるため、1つのサービスに決め打ちするのは控えます。しかし、様々な条件を調べるのはとても大変な作業です。そこで…

POINT

  • 複数の回線を比較してくれる
  • 高額キャッシュバックがある

この2つを無料で行ってくれる「代理店窓口」に相談するのが失敗しないコツです!どの回線にするか決められない方は是非電話されてください。

ルース光の口コミや評判

ルース光に関する口コミは少なかったですが、気になる投稿がいくつかあったの紹介しておきます。

電話勧誘のやり方に問題あり?

言っていることが事実なら、ルース光の営業方法はテレアポもやっていることになります。正直、光回線サービスをテレアポで営業しているところで、評判の良いサービスを聞いたことがありません。

その理由は、電話のみで料金や解約など全てを伝えきれるとは思えないからです。しかも、テレアポを実際に行うスタッフも獲得しないと稼げないので、無理やり契約させてしまう事例が数多く報告されています。

ルース光に限ったことではないですが、光回線の契約は営業電話及び訪問販売でするものではありません。

管理人
テレアポ・訪販で契約するとキャッシュバックは貰えません。それと、頼んでもいないオプションに加入させられているケースもあるので注意してくださいね!

口コミの少ない光回線は…

通信業界に10年以上関わってきましたが、光回線などの通信サービスで「口コミが少ない」ところは様子を見た方がいいです。

特にまだ始まって数年の光コラボレーションでは、気付いたら事業撤退していたサービスもありますし、予告なしに利用料金を値上げした例もあります。その辺の状況判断はした方が良いので、ある程度利用者が多く、情報が溢れていた方が安全だと思います。

もちろん、企業の規模や口コミ多さで信頼度が決まるとは思っていません。しかし、利用者の口コミというのはあるに越したことないのは間違いないです。

まとめ

ルース光についていろいろと紹介しましたが、あなたが選ぶ光回線だったでしょうか?

そこまで大きなメリットはなく、解約違約金は相場より高額。更に、この手のサービスでは当たり前となった「キャッシュバック」もない…。ネットの利用をほとんどしない人以外は、他の回線も比較されることをおすすめします。

たかが光回線ですが、2年間の総支払額で見れば数万円の違いが出てきます。調べるのが面倒だからといって適当に選ばないでくださいねw