auひかりの支払い方法は2種類!変更方法や未払い時の対処法も

auひかりの支払い方法は2種類!変更方法や未払い時の対処法も

光回線サービスを利用する際、料金の支払い方法も気になるポイントの1つ。固定費用として毎月支払っていくものなので、なるべく便利な支払い方法を選びたいところ。

auひかりは通信速度や特典の多さにばかり目が行きがちですが、支払い方法の豊富さも魅力あるサービスなんです!

という訳で、今回は具体的な2種類の支払い方法の詳細をはじめ、変更方法やをお伝えします。また、料金未払いとなってしまったときの対処方法も解説するので、お困りの方は参考にしてください。

auひかりのお得情報を知りたい場合は以下も合わせてご覧ください。

auひかりで選べる2つの支払い方法

支払い方法として、「クレジットカード・口座振替」の2種類があります。原則として、現金で直接支払うことはできません。

クレジットカード

クレジットカード支払い

支払いの利便性を考えたときに、もっともおすすめなのはクレジットカードです。一度指定しておけば、それ以降はずっとカードで利用する口座からの引き落としになり、支払いの手間がかかりません。

さらに、クレジットカードならポイントが貯まるのも魅力的!auひかりの料金を毎月支払っていくだけで、ポイントがどんどん貯まっていきます。

auひかりでは、ほぼすべてのクレジットカードが対象。以下のマークが入っているカードであれば基本的に利用可能です。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナース

日本で発行されている大抵のクレジットカードには、上記5種類のマークが入っているはず。

但し、利用できるのは本人名義のカードのみとなり、家族名義のものは利用できません。また、引き落としされる日は、各クレジットカードによって異なります。確認したい場合はご自身で問い合わせしてください。

年会費無料のクレジットカードがおすすめ

「クレジットカードって何かとお金がかかりそう」と思う人もいるかもしれませんが、年会費無料のクレジットカードを選べば問題ありません。人気のある年会費無料のカードをいくつかご紹介すると…

  • 楽天カード
  • オリコカード THE POINT
  • JCB CARD W
  • エポスカード
  • セディナカード Jiyu!da!
  • au Walletクレジットカード

アメックスやダイナースといったお金持ちが好むカードは必要ありません(笑)最近では年会費0円でもメリットは盛り沢山なので、見栄を気にされない方は是非!

auユーザーなら「au Wallet」のクレジットカードがおすすめ

たくさんの種類があるクレジットカードの中で、auユーザーにおすすめしたい「au Wallet クレジットカード」。auひかり、auスマホ・携帯サービスのどちらかを契約している人なら、年会費無料です。

通常は200円ごとに2ポイントもらえますが、特約店なら3ポイントもらえます。セブンイレブン・マツモトキヨシ・イトーヨーカドーなど身近なお店も特約店に含まれるので、ポイントが貯まりやすいメリットがあります。

⇒「au Wallet クレジットカード」はこちら

口座振替

口座振替で支払う

クレジットカードと並び、スタンダードな支払い方法の口座振替。金融機関の口座を指定すれば”手数料0円”で毎月自動的に引き落とされるため、支払いの手間がかからず利便性の高い決済手段です。

しかし、クレカ支払いのようにポイントは貯まりません。その為、少しでもお得を求める人にとっては損した気分になるでしょう。

auひかりも含め、au関連サービスの口座振替の引き落とし日は毎月25日です。口座振替は残高が残っていないと未決済となってしますので、引き落とし日の前日には必ず入金しておくように。

一応、auひかりの支払いに利用できる金融機関を紹介しておきますが、都市銀行、地方銀行をはじめ、利用者の多いネットバンクなどはほぼ対応しています。

メガバンク 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行
地方銀行(一部のみ表示) 北海道銀行、東北銀行、常陽銀行、千葉銀行、横浜銀行、東日本銀行、北陸銀行、京都銀行、近畿大阪銀行、福岡銀行
信託銀行 みずほ信託銀行、三菱UFJ信託銀行、三井住友信託銀行、SMBC信託銀行
ネット銀行 楽天銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、ソニー銀行、新生銀行、GMOあおぞらネット銀行
その他 ゆうちょ銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫

⇒口座振替可能な金融機関一覧はこちら

デビットカードは利用できるのか?

デビットカードは利用できるのか?

一時的に借金するクレジットカードではなく、ある分でしか決済できない「デビットカード」の普及率が高まってきました。しかし、デビットカードを利用できないサービスは未だに多く、利用者なら一度は困ったことがあるはず。

では、auひかりの支払いにデビットカードは利用できるのか?その答えが公式サイトに記載されていたので、そのまま引用しますね。

VISAデビットカード・JCBデビットカード・JCBプリペイドカード がお支払いにご利用いただけます。

さすがKDDI!この辺の対応はしっかりされているようです。

管理人

クレジットカードってその場は便利だけど、後で請求がまとめて来て驚くことが多々あります。その点、デビットカードは残高内でしか決済されないため、計画性のない人には必須アイテムだと思います。

最近では対応するサービスも増えてきたので、財布の中に1枚あるとすごく役立ちますよ!

意外と知らない!コンビニ払いの可否について

コンビニ払いは未払いのときのみ

「auひかりの支払い方法は3つ!口座振替、クレジットカード、そしてコンビニ払い」

他の情報サイトを確認したところ、上記のように伝えているサイトがほとんど。でも、コンビニ払いはできないと伝えているサイトもあり、どちらの情報が正しいのか?この際ハッキリさせようと思い、auのチャットサービスに質問してみました。

新規の契約を検討していますが、支払い方法はコンビニ払いを選べますか?
サポート窓口
毎月のお支払い方法についてでよろしいでしょうか?
はい、そうです
サポート窓口
毎月のお支払い方法は口座振替かクレジットカードでのお支払いからお選びいただけます。
ではなくて、支払い方法はコンビニ払いを選べますか?という質問なんですが、その可否を確認したいです。
サポート窓口
振り込み用紙などでのコンビニ払いは承っておりませんので何卒ご了承いただけましたら幸いでございます。
銀行、クレジットカードを所持していないので、契約対象外という認識でいいですか?
サポート窓口
ご認識の通りでございます。
どちらもない場合ですとご契約が難しい状態でございます。
参考になりました。ありがとうございます。

auひかりは口座振替・クレジットカード以外の支払いはできない」ようです。

実際、銀行口座やクレジットカードを所持していない人は沢山いると思います。チャットサービスによると、そういった人たちは”契約対象外”との回答だったので、コンビニ払いしか対応できない場合は他のサービスを検討しましょう。

auひかり以外のおすすめ回線を紹介している記事があるので、支払い方法でお困りの方は参考にされてください。

auひかりで支払い方法を変更する手続き

支払い方法を変更したいときの手続きは3種類あります。

  • オンライン(My au)
  • auショップ
  • 電話

それぞれ簡単に解説するので、あなたのライフスタイルに合った方法をチェックされてください。もし、理解できなかった場合はカスタマーに問い合わせするなどして確認しましょう。

オンラインの手続きが一番便利

auの会員サイトである「My au」にログインして手続きする方法がもっともおすすめ!基本的に24時間手続きできるので、夜間など自分の都合の良い時間帯を選べます。

金融機関・クレジットカードの情報を入力すれば手続き完了となりますが、場合によっては本人確認書類の郵送を求められることもあります。

手続きの例として、口座振替からクレジットカードに変更する手順は次のとおり。

  1. ID・パスワードでMy auにログインする
  2. 画面下にある「支払い方法の変更」を選択する
  3. 支払い方法で「クレジットカード」を選ぶ
  4. 支払いを変更したいサービスで「auひかり」を選ぶ
  5. クレジットカード情報を入力し、「次へ」をクリック
  6. 登録完了後の確認方法として、「メール」「お客さまサポート変更履歴」のどちらかを選ぶ
  7. 「設定」をクリックすると完了

文字で説明すると面倒くさそうに感じたかもしれませんが、実際はめちゃくちゃ簡単な作業です(笑)ただ、そもそも「My au」にログインできない…なんて人もいるはず。そんな時は以下のページを確認すれば解決できると思います!

⇒「My au」にログインできない場合

料金の相談などをしたいならauショップ

auひかりやauスマホ・携帯の料金について質問したいことがある場合、スタッフに相談できるauショップがいいでしょう。もちろん、auショップでも、支払い方法変更の手続きができます。

但し、手続きをするには、本人確認書類、クレジットカード、金融機関の通帳・キャッシュカード・印鑑などが必要です。必要なものを確認してから訪問しましょう。

電話で手続き

KDDIのお客様センターに電話して手続きする方法です。電話の場合、本人確認書類やクレジットカードなどの必要書類がその場で確認できないので、後日郵送で書類を送付する流れになります。

電話をかけたり郵送したりする手間がかかり、他の方法より反映されるまでに時間がかかることから、よっぽどの理由がない限りおすすめできる方法ではありません。また、お客様センターは混雑することも多くすぐにつながらないことが多く、ストレスが溜まってしまうかも…。

ネットがどうしても使えない状況にだけ使う方法だと考えたほうがいいでしょう。

管理人
支払い方法については「auひかりの代理店窓口」で相談することもできます。電話が繋がらないことはほぼないので、すぐに知りたい方は是非利用しましょう。

auひかりの利用料金を確認する方法

auひかりの利用でかかった料金をチェックする方法を紹介します。

クレジットカードの場合

クレジットカードの場合、カード会社から届く明細書にauひかりの料金も掲載されるので、その他の明細と一緒にチェックできます。出費を一度にチェックできるので便利ですね。

ただし、クレジットカードの明細書で確認できるのは、料金の総額のみです。詳細な内訳は「My au」で確認できますので活用しましょう。

「My au」で確認する方法

PCやスマホで「My au」にログインした後、「料金・ポイントの詳細」にある次の4つの選択肢のうちから1つを選んでください。

  • 今月の請求書を詳しく確認する
  • 過去6カ月の請求額の一覧
  • 請求書・領収書のダウンロード
  • 通話明細の確認・お申し込み

「今月分の請求書」では、月額料金・オプションなど、詳細な料金の内訳を確認できます。請求内容に間違いないか確認できるので、初めてauひかりを使い始めた方はこちらをチェックてみましょう。

「過去6カ月分の請求額」は、半年分の金額推移を確認できます。時期によって料金に変化がないか、傾向をチェックするのに役立ちます。

WEBだけでなく自分のPCで保管したいときは、請求書・領収書のダウンロードしてください。過去6カ月分の請求書についてPDFファイルでダウンロード可能です。

領収書は過去18カ月分のデータをダウンロードできますが、口座振替を利用している人のみが対象です。クレジットカードの利用者で長期のデータが欲しい場合は、クレジットカード会社の会員サイトなどを利用しましょう。

料金未払いになってしまったときの対処方法

auひかりの料金支払いが遅れてしまった…」そのような場合はどう対処すればよいのか?

銀行口座の引き落としに失敗した場合

口座の残高が不足したために引き落としができなかった場合、当日中に残高不足を解消すれば、自動的に再引き落としをしてもらえるケースもあります。

例えば、三菱UFJ銀行だと当日の19:00までに入金できれば、その場で再引き落としを実行してくれます。この他にも、三井住友銀行・みずほ銀行は18:00まで、ゆうちょ銀行は21:00までの入金で再引き落としされます。

ただし、再引き落としはどの金融機関でも応じてもらえると限らず、ルールもそれぞれ異なります。利用している金融機関の公式サイトなどで確認してください。

auひかりから督促状+振込用紙が届く

再引き落としもできず、未払いとなってしまった日から1週間ほど経過すると、auひかりから督促状が届きます。中には振込用紙が入っているので、これを使って支払うことになります。

用紙には「納期限」が記載されていて、この期日までに支払わないといけません。なお、未払いとなった分について、クレジットカードや口座振替は利用できません。

振込用紙を持って、コンビニ、金融機関のATM、auショップなどで支払いましょう。

振込用紙を紛失してしまったとき

「My au」でQRコードを取得してコンビニで支払う

  1. スマホでMy auにログインする
  2. 「料金のお支払い」をタップ
  3. 未払い金額で表示されている「こちら」をタップ
  4. 「コンビニエンスストアで支払う」をタップ
  5. 「支払い」を選んだうえで、「お支払い」をタップ
  6. 表示内容をチェックして、「OK」をタップ
  7. 「コンビニ」を選択する
  8. 支払うコンビニのアイコンを選ぶ
  9. QRコードが表示されるので保存する

支払い用のQRコードを取得し、コンビニへ持っていって支払う方法です。表示されたQRコードをコンビニの店員さんに見せて支払いを済ませましょう。

auショップで支払う

お近くのauショップにて支払うこともできます。運転免許証など本人確認書類を持って手続きしてください。

QRコード取得の手間は必要ないですが、auショップは混雑しやすいので待たされる可能性があります。土日や夕方以降など、混雑しやすい時間帯を避けるのがおすすめです。

支払い期限を過ぎてしまったらどうなる?

振込用紙に記載された支払い期限を過ぎてしまうと、延滞の状態になります。延滞が1カ月以上続くと、auひかりが利用できなくなってしまいます。

支払いが完了するまで復旧できないため、一刻も早く支払いましょう。

なお、延滞が2カ月以上に及ぶと「強制解約」となってしまいます。こうなってしまうと、たとえ未払い分の料金を支払っても、auひかりの利用は続けられません。

未払いはデメリットが多い

「別にauひかりを利用できなくても他があるから問題ないでしょ!」と安易に考えている場合は要注意。未払いが一定期間過ぎてしまうと”金融ブラック”になる可能性があり、クレジットカードやローンの審査に通らなくなります。

以下の口コミは携帯料金の未払いですが…

たかがネット回線の料金で金融ブラックになるのはアホすぎます。また、最低5年以上は何もできない状態となるので、支払い漏れだけは気を付けてください。

auひかりの支払い方法のまとめ

auひかりの支払い方法として指定できるのは「クレジットカード・口座振替」の2種類です。いずれも手数料はかかりませんが、クレジットカードのほうがポイントが貯まるなどのメリットがあるので、所持しているなら活用しましょう。

クレジットカードのコストが気になる場合は、年会費無料のカードを選ぶ方法もあります。auユーザーなら、au Walletクレジットカードもおすすめです。

auひかりに限らず、どの光回線を利用するにも支払い方法の選択は必須です。お好みの支払い方法があるサービスを検討材料に加えた方が良いかもしれませんね。