auひかり「プロバイダ変更」の裏ワザ&速度や支払い方法の変更まとめ

auひかり「プロバイダ変更」の裏ワザ&速度や支払い方法の変更まとめ

auひかりに申込みすると”指定のプロバイダ”を必ず選ばなくてはいけません。

auひかりを運営しているKDDIが提供する「au one net」や、ソニーグループが提供する「So-net」など、選べるプロバイダは全7種類。

  • au one net
  • So-net
  • BIGLOBE
  • @nifty
  • DTI
  • @tcom
  • AsahiNet

おそらく、この記事をご覧になっている方の中に、拘りを持ってプロバイダ選びをした人はほぼいないと思われます。ただ、実際に利用してみて、通信速度が遅かったり、利用したいオプションがないといった不満がある人は少なからずいるはず。

口コミで某社のプロバイダが評判良さそうだから、契約しているプロバイダから変更しようかな!

なんてのん気なこと考えてませんか?

auひかりのプロバイダ変更は基本的にできません。一応、強行突破することは可能ですが、何も知らずに変更すると金銭的に大きなダメージを負ってしまうことになります。

そのデメリットを説明しつつ、どうしてもプロバイダ変更をしたい人のために、リスクなく変更できる方法をご紹介します。また、その他の契約情報の変更についても紹介しておくので、気になる項目をチェックされてください。

当サイト限定のレア情報

この記事をご覧になった方のみのお得情報です!

ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボ回線、auひかり、NURO光に新規申込みもしくは乗り換えすると”キャッシュバック”があるのはご存知ですよね。

ただ、公式サイト経由だと雀の涙ほど、大手比較サイトだとキャッシュバック額は良いけど受取りが1年以上先…。どちらも利用価値ありません。

私が利用した代理店窓口では5万円を超える回線もあります。

主要なサービスであればほぼ取扱いしているようなので、誰よりも得したい方は利用を検討されてください。

もちろん、オプション加入なしで6ヵ月以内に受取れます!今のところココより条件の良い窓口は知りません。

auひかりのプロバイダ変更はできない

auひかりはプロバイダのみの変更を認めていません。まずはその理由を理解したうえで、どんなデメリットがあるのか把握しておきましょう。

プロバイダを変更できない理由

フレッツ光・ドコモ光」ではプロバイダを簡単に変更できるのに、なぜ「auひかり」はできないのか?しかも、ソフトバンク光のようにプロバイダを選べないサービスではなく、7つから選択できるタイプなのに…。

公式発表ではないので憶測ですが、おそらく変更することは容易にできると思います。でも、変更を認めてしまうと手間も掛かるし、KDDIの利益に直結しないため”NG”としているのでしょう。

だったら始めから、プロバイダを選択式にしなきゃいいのにと感じますよねw

プロバイダ変更によるデメリット

auひかりでプロバイダ変更をするには、現在の契約を一度解約してから再契約する必要があります。その為、解約によるデメリットが発生してしまう可能性が高いです。

変更するデメリット

  • 更新月以外の違約金を一括請求される
  • 工事費の残債を一括請求される
  • 撤去工事費を請求される?(未確認)
  • 新規キャンペーン適用外

違約金や工事費の残債といった”解約金”は一括で請求されるので、契約時期が浅い場合などは恐ろしい金額になることもあります。

百歩譲って、通信速度が改善されるのであれば十分なメリットだと言えますが、プロバイダによる速度の違いはないと公式で説明されています。その他に考えられるメリットも、今とは違うメールやセキュリティサービスを利用できる程度。

以上のことを踏まえ、auひかりを解約する以外はそのまま使い続けた方が良いでしょう。

管理人
説明した通り、申込み時のプロバイダ選びはとても重要なことだと覚えておいてくださいね!

デメリットなくプロバイダを変更する裏ワザ

auひかりを解約しないとプロバイダ変更ができないのは理解したでしょうが、そのリスクを負ってまでどうしても変更したい!そんなあなたに、とっておきの裏ワザを教えます。

裏ワザ①「auひかりの新規キャンペーンで相殺する」

出典:NNコミュニケーションズ

auひかりを解約し、再度新規でauひかりに申込みして「新規キャンペーン」で解約金を相殺する方法です。

ただ、この方法はキャンペーンで相殺できないケースがあることと、一歩間違えると新規キャンペーンが貰えないこともあります。その為、損しないことがハッキリしてから実践に移すようにしてください。

申込みで特に注意してほしいことを記載しておきます。

  • 別の名義で申込みする
  • auひかりを使っていたことは伝えない
  • 解約金がいくらか調べる
  • 新規キャンペーンを確実に受取る

解約する前と同じ名義”で申込みしてしまうと、新規キャンペーンは適用されません。必ず別の名義人で契約し、同じ場所でauひかりを使っていたことが紐づかないようにしましょう。

新規キャンペーンで相殺できる金額か判断するために、解約金の総額を把握しておいてください。そして、相殺できることが間違いないと分かった時点で申込みとなります。

その際、公式サイトではなく「正規代理店窓口」から申込みしてください。

管理人

ホーム・マンションでキャッシュバック額は違いますが、相場として4万円以上は死守するように。また、受取りまで3ヵ月以内の代理店を選びましょう。

評判の良い代理店を紹介しておくので、選ぶのが面倒な方はご利用ください。

裏ワザ②「解約金負担してくれるソフトバンク光に乗り換える」

ソフトバンク光「あんしん乗り換えキャンペーン」の適用条件や注意点

auひかりに拘りがない場合は、解約で発生した違約金などを全額負担(最大10万円)してくれる「ソフトバンク光」に乗り換えちゃいましょう!

関連記事:ソフトバンク光「あんしん乗り換えキャンペーン」の適用条件や注意点

上記で紹介した”名義人を変えて契約”するような煩わしさは一切ありません。更に、解約金負担がなくなるメリットに加えて、新規申込みの高額キャッシュバックも受け取れます。この裏ワザのような方法は4つの手順を行うだけ。

あなたが行うこと

  1. auひかりを解約する
  2. ソフトバンク光に申込みする
  3. 解約金の証明書を提出し、全額キャッシュバックしてもらう
  4. 新規特典のキャッシュバックを受取る

auひかりの解約金を証明する手配に少しだけ手間は掛かりますが、それが済んでしまえば後はお小遣いを待っているだけw

ソフトバンク光なら、auひかりのキャンペーン条件にある「電話サービスへの加入」は必要なく、光回線の申込みのみで50,000円ほどのキャッシュバックを受取れます。

但し、auひかり同様、ソフトバンク光を販売する正規代理店からの申込みが必須となります。無数にある代理店から1社を絞るのは大変なので、私が実際にお世話になった窓口の利用をおすすめします。

まずは条件面などを確認するためにも相談してみてください!

auひかりの契約後に変更できること

auひかりを契約した後に変更できるものを解説します。但し、契約しているプロバイダによって手続き方法や連絡先が違うこともあります。

契約者の名義・住所など

契約者名義や住所は契約後に変更することができます。

契約者名義を家族や配偶者のものにしたり、引越しをしたりする場合に必要な手続きとなります。もちろん、auひかりの他にauの携帯電話サービスの契約内容の変更も、auひかり契約後に行うことが可能です。

電話番号 0077-777
受付時間 9:00~21:00

契約プランの変更

現在契約中のプランを変更することも可能です。使ってみて良かったから、2年契約の「ギガ得」を「ずっとギガ得」に変更したい時など、料金を今より抑えることができるかもしれません。

但し、プランを変更できないプロバイダもあります。直接問い合わせるのが一番解決策ですが、利用者の多いプロバイダのみ変更可能なプランを紹介しておきます。

ちなみに、「au one net」の方は「My au」内で変更手続きを、それ以外の方はプロバイダに電話で問い合わせて変更してください。

各プロバイダの変更可能プラン

So-netの変更可能プラン
変更前 変更後
ギガ得(ホーム) ずっとギガ得 or 標準プラン
標準プラン(ホーム) ギガ得 or ずっとギガ得
ずっとギガ得(ホーム) ギガ得 or 標準プラン
標準プラン(マンション) お得プランA
お得プランA(マンション) 標準プラン
BIGLOBEの変更可能プラン
変更前 変更後
ギガ得(ホーム) ずっとギガ得
ホームタイプ(ホーム) ギガ得 or ずっとギガ得
auひかり・プラス(ホーム) ホーム or ギガ得 or ずっとギガ得
マンションタイプ お得プランA
auひかり・プラス(マンション) お得プランA
@niftyの変更可能プラン
変更前 変更後
メガ標準 メガ得or ずっとメガ得 or ギガ標準 or ギガ得 or ずっとギガ得
メガ得 メガ標準 or ずっとギガ得 or ギガ標準 or ギガ得 or ずっとギガ得
ずっとメガ得 メガ標準 or メガ得 or ギガ標準 or ギガ得 or ずっとギガ得
ギガ標準 ギガ得 or ずっとギガ得
ギガ得 ギガ標準 or ずっとギガ得
ずっとギガ得 ギガ標準 or ずっとギガ得

各プロバイダの電話番号は以下の通りです。

プロバイダ 電話番号
@nifty 0120-32-2210
03-5860-7600
@TCOM 0120-805633
AsahiNet 0120-577-108
03-6631-0856
BIGLOBE 0120-86-0962
03-6385-0962
DTI 0120-830-501
03-5749-8091
So-net 0120-80-7761
0503-383-1414

オプションサービス

セキュリティやサポートなどに関するオプションサービスの申込みや変更、au one netのコース変更も契約後に変更することが可能です。

その他、auひかりの会員専用ページにログインする際のID・パスワードや、毎月の料金の請求や支払いに関することも契約後に変更可能なものとなっています。

「MY au」のIDやパスワードの変更方法

「MY au」のIDやパスワードの変更方法出典:My au

My au」というのは、KDDIユーザーが利用できる管理画面のようなもので、契約内容やデータの使用状況などをWEBで確認できるサービスです。

「au ID」の変更は、パソコンやスマホ(Android・iPhone)及びauケータイから行うことが可能です。変更できる回数は1回のみとなっています。なお、2つ以上の「au ID」を所持している場合はそれらを統合することもできます。

パスワードの変更は「My au」で行うことが可能です。

au IDやパスワードを忘れたために変更が必要となった場合は、 auひかりの契約時に届く「ご利用開始のご案内」などに記載されているID・パスワードの初期値が必要になります。

管理人
IDやパスワードを忘れたうえ「ご利用開始のご案内」も紛失してしまった場合は、サポート窓口(157 or 0077-7-111)で連絡しましょう。

請求・支払いなどの変更方法

請求や支払いに関する手続きは、au one netと契約しているのか、その他のプロバイダと契約しているのかで連絡先や手続き方法が異なります。

まず、au one netを契約してauひかりを利用している場合、支払い方法の変更は「au公式サイトや電話」などで変更することができます。支払い方法は口座振替かクレジットカード払いから選べますが、どちらも手数料はかかりません。

請求方法は、WEBで確認する「web de 請求書」、登録した住所に毎月届く「紙の請求書」、複数サービスが合算される「請求書をまとめる」の3つの中から選ぶことができます。

但し、紙請求書の発行手数料は一通あたり200円掛かるのでご注意ください。

au one net以外のプロバイダを利用している場合は、名義人変更の時と同じように「au ID」を登録したうえで、「My au」を経由して支払いや請求の方法を変更します。

詳しくは、au公式HPの「ご請求・お支払方法変更手続きのご案内」をご覧ください。

回線速度プランの変更はできる?

結論からお話しすると、速度プランの変更は可能です。しかも、NURO光の2Gを遥かに超える””世界最速10G・5G”がauひかりには存在します。

ただ、変更できる可能性はかなり低いので、あまり期待されないように…。

10ギガ・5ギガへの変更は可能【ホームのみ】

auひかりの10ギガ・5ギガって?対応エリアやマンションで利用する方法出典:auひかり公式HP

10ギガプランは一般的な料金プランより多少高くなってしまう反面、速度に全く不満がなくなるのは間違いないでしょう。通常の回線プランは速くても1G(1,000M)なので、その10倍のスピードを体感することが可能となります。

口コミを確認しても”爆速”を思わせる投稿がちらほらありました。

正直、1Gの光回線でも不自由なく使えているので、そこまでの速度が必要かどうかは微妙なところです。でも、10ギガの回線を繋いで、速度がどれぐらい計測できるのか?試してみたいものですw

10ギガプランの特徴や提供エリア

この超高速プランに変更できるのは「提供エリア内」であることが絶対条件であり、それ以外の人は提供されるまで待つしかありません。

ちなみに、auひかり「10ギガ・5ギガ」の提供エリアは…

提供エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県

「え!これだけ?」と思った方も多いことでしょうが、現在、10ギガを体感できる可能性のあるエリアは一都三県のみとなります。また、上記に該当していた場合も、申込みしたらエリア外になるケースは少なくないようです。

対象者には凄く魅力的なプランなので、提供エリアが拡大することを期待しましょう!

auひかりの10ギガ・5ギガについて知りたい方は以下の記事をご覧ください。

変更するときにはお金がかかるの?

変更するものによっては費用が発生するケースもあります。無駄なお金を請求されて後悔する前に、費用が発生する手続きだけは把握しておきましょう。

契約者情報などは費用なし

当然ですが、契約者の名義・住所などを変更する場合は、1円も費用は発生しません。

契約期間の途中で解約する場合

契約しているプランにもよりますが、標準プラン以外には契約期間というものがあります。

例えば、ギガ得であれば2年の自動更新となっており、定められた更新月に解約しないと違約金が発生してしまいます。契約期間が延びるほど違約金も増えていくので、可能な限り更新月を狙って解約することをおすすめします。

ただ、他社への乗り換えなら解約金を負担してれるキャンペーンもあるので、1円でも支出を抑えたい方は是非活用しましょう!

まとめ

プロバイダを変えたところで速度などに違いがないとはいえ、契約後に変更したい人は意外と多いです。なので、auひかりに申込みするつもりなら「プロバイダの変更はできない」と覚えておいてください。

もし、どうしても変更したくなった場合は「他社への乗り換え」をおすすめします。

解約金を全額負担してくれるキャンペーンがいつまで継続されるかは不明ですが、タイミング良くキャンペーンを活用できれば、驚くほどのメリットを感じることができるでしょう。

最後に、auひかり以外にも魅力ある光回線は沢山あります。その中でも特にお得なサービスを載せておくので、どの回線にするか悩んでいる方は参考に読まれてください。