引越しならauひかりは解約必須!乗り換えるだけでメリットは200%増

引越しならauひかりは解約必須!乗り換えるだけでメリットは200%増

auひかりに限らず、インターネット回線の引越しでは”乗り換え”した方がほぼお得になります。そのまま利用継続すれば、違約金や引越し先の工事費が免除されることもありますが、新規のキャンペーンに比べれば屁の河童ですw

ただ、auスマホを家族全員が使っていて「auスマートバリュー」適用している場合は、条件次第で損してしまう可能性も僅かにあります。

それ以外の方で「1円でも得した申込みをしたい!」のであれば、迷うことなく他社回線に乗り換えましょう!

という訳で、この記事では「auひかりの引越し」で知っておくべき知識を共有させていただきます。ネット回線の知識がない方でも分かりやすいように解説しますが、どうしても理解できない場合は問い合わせください。

事業者の思惑に左右されず、最大級のメリットを勝ち取りましょう!

当サイト限定のレア情報

この記事をご覧になった方のみのお得情報です!

ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボ回線、auひかり、NURO光に新規申込みもしくは乗り換えすると”キャッシュバック”があるのはご存知ですよね。

ただ、公式サイト経由だと雀の涙ほど、大手比較サイトだとキャッシュバック額は良いけど受取りが1年以上先…。どちらも利用価値ありません。

私が利用した代理店窓口では5万円を超える回線もあります。

主要なサービスであればほぼ取扱いしているようなので、誰よりも得したい方は利用を検討されてください。

もちろん、オプション加入なしで6ヵ月以内に受取れます!今のところココより条件の良い窓口は知りません。

引越しする際の注意点

auひかりの引越しが決まった時に注意したいポイントをいくつか紹介します。「乗り換え」についてすぐ確認したい方は、以下のリンクよりジャンプしてください。

▼引越しでauひかりを乗り換えるメリット▼

思っているより手続きには時間が掛かる

auひかりの引越し 思っているより手続きには時間が掛かる

引越しの連絡をしてから、引越し先でインターネットが利用可能になるまで、少なく見積もっても1ヵ月以上は掛かると思っておきましょう。

手続きが遅れてしまうと開通までの期間がずれ込み、引越し先でスマホの4G(LTE)のみになる可能性もあります。そうなると、データ定額の利用制限を超えてしまい、無駄な費用が発生するリスクも発生します。

また、引越しでは撤去工事が必要なケースもあります。手続きが遅れると撤去工事も遅れ、旧住居の明け渡しに間に合わないという事態も起こり得ます。

引越しが繁忙期のシーズン(3月頃)は、回線の引越し手続きも非常に混み合います。その為、普段より倍近い日数を要することもあるので、引越しが決まったらすぐ準備に取り掛かりましょう。

電話番号を引き継げない可能性あり

auひかりの引越し 電話番号を引き継げない可能性あり

auひかりの引越しで電話番号が変わる可能性があります。

auひかりを移転または解約すると、固定電話の番号を引き継ぎできないケースもあり、特にひかり電話を利用している場合は諦めた方が良いかもしれません。但し、NTTの一般加入電話を利用している場合は、引越し先のエリアによって番号をそのまま利用できることもあります。

固定電話の利用が多い人は、引越し先で困らないように事前の手続きなどはしっかりと行っておきましょう。

引越し先がauひかりの提供エリアか?

auひかりの提供エリア

auひかりを継続して利用するつもりの方は、引越し先が「auひかりの提供エリアか?」まずは確認してください。当たり前のことですが、エリア外だった場合は継続できません。

auひかりの提供エリアはぶっちゃけ狭いです。グループ会社の繋がりも関係していて、関西・東海・沖縄エリアは未提供となっています。

提供外の都道府県
関西エリア 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・福井県
東海エリア 静岡県・愛知県・岐阜県・三重県
沖縄エリア 沖縄県

とりあえず、引越し先が上記のエリアだった場合は他のサービスを探してください。また、それ以外の地域だったとしても、エリア外の判定をされる可能性もあります。以下の記事で確認方法を説明しているので参考にしてください。

auひかりを引越し先で利用する2つの手続き方法

auひかりを引越し先で利用する場合であっても、一旦解約して新規で申込みするのか?それとも、移転手続きをするのか?によって手続き方法は異なります。

※乗り換える情報をすぐ確認したい方はこちら

▼引越しでauひかりを乗り換えるメリット▼

auひかりを移転手続きする

【移転手続き】引越し先でauひかりを継続利用する場合出典:Soldi

auひかりを引越し先でも利用する際、最も王道なのが「移転手続き」をする方法です。ホーム及びマンションで多少の違いはありますが、基本的に以下の流れで手続きが進んでいきます。

  1. KDDIもしくはプロバイダに連絡
  2. 工事日の調整をする
  3. 宅内機器が届く
  4. 工事立会いをする
  5. 利用開始

特に難しいことはないので、連絡後のアナウンス通りに進めていけば利用開始できます。

ただ、利用しているプロバイダによって”解約の連絡先”が変わります。auひかりの公式ページで手続きできるのは「au one net」のみで、それ以外を利用している方は各プロバイダの公式ページから手続きしてください。

プロバイダ 電話番号
au one net 0077-777
@nifty 0120-32-2210
03-5860-7600
@TCOM 0120-805633
AsahiNet 0120-577-108
03-6631-0856
BIGLOBE 0120-86-0962
03-6385-0962
DTI 0120-830-501
03-5749-8091
So-net 0120-80-7761
0503-383-1414

auひかりを解約して新規で申込む

auひかりの一旦解約し、再びauひかりを新規で申込みする方法もあります。但し、この方法で行う場合はいくつかの注意点を理解しておく必要があります。

新規で申込む注意点

  • 解約金が発生する
  • 同一名義ではキャンペーン適用外

まず、解約するのが「更新月以外」だと違約金が発生すること。契約の縛りがない標準プランであれば違約金はありませんが、それ以外のプランだと7,000~15,000円の違約金を請求されます。

契約プラン 違約金
ホーム ずっとギガ得プラン 15,000円
ギガ得プラン 9,500円
標準プラン 0円
マンション お得プランA 7,000円

もう一つは、auひかりを導入した時に発生した工事費の残債です。

auひかりの工事費は割高となっており、ホームで37,500円、マンションで30,000円が掛かっています。一括で支払っていない場合は、24~60回の分割支払いをされているはず。

仮に、この分割払いをしている途中に解約してしまうと、その残債分をまとめて請求されることになります。

更にもう一つ重要なことがあって、引越しする前に解約をし、同じ名義で新規申込みしたとしても「新規キャンペーン」は適用されません。ちなみに、通信業界ではこの方法を”解約新規”と呼び、タブーとなっています。

では、この解約して新規で申込みする方法にメリットはないのか?そう感じたかもしれませんが、ひとつだけ裏ワザがあります!

管理人
新規で申込みする時の名義を”あなた以外の名義”にすれば良いのです!これだけでキャッシュバックなどの特典を受けることができます。

まぁ、声を大にしてアドバイスできる方法ではないので、引越し先でもauひかりを利用するつもりで新規特典を受けとりたい方は、代理店窓口で相談してみてください。

auひかりの工事費が無料になる公式キャンペーン

auひかりの引越しでは”乗り換え”がお得だと伝えましたが、全面的に利用継続することを否定している訳じゃありません。KDDI側も解約を防止するために策を講じています。

偏った情報になると嫌なので、工事費などが無料になる公式キャンペーンのメリットを紹介しておきますね。

※乗り換える情報をすぐ確認したい方はこちら

▼引越しでauひかりを乗り換えるメリット▼

auひかりの初期費用相当額割引

auひかり公式キャンペーンで工事費を実質無料にする

「引越しは何かとお金がかかるので、できるだけ出費を抑えたい…」と感じるのは皆同じ。そんな不安を解消するため、auひかりでは「初期費用相当額割引」という公式キャンペーンが実施されています。

どういったキャンペーンかというと、auひかりを導入する際に最も負担となる”工事費を全額負担”してくれるもの。

気になる適用条件は以下の通り。

適用条件
ホーム 移転手続き+電話サービス
マンション 移転手続きのみ

ホーム・マンションどちらも移転手続きは必須となります。また、ホームの場合は「電話サービス(月額500円)」の加入がキャンペーン適用の条件となります。

【ホーム】移転手続きなら”撤去工事費”が無料

上記ツイートでおっしゃっているように、KDDIは2018年3月、auひかりホームを解約する際の”撤去工事費”を問答無用に請求する改正を行いました。

改正された当時、ネットでは「改悪すぎる!auひかり終わったな!」と不満の嵐。そりぁそうでしょ、只でさえ解約する時は違約金や工事の残債があるのに、それに上乗せされるかたちで撤去工事費(28,800円)ですからね…。

しかし、auひかりを移転手続きで使い続ける場合に限り、撤去工事の支払いは0円で済みます!

さすがにauひかりを利用する人に請求しちゃうと逃げていくのは確実ですし、それぐらいは察することができたようです(笑)

管理人

乗り換えがお得だと伝えましたが、セット割の「auスマートバリュー」を適用されているなら、ひょっとすると移転手続きのメリットが勝るかも。

どちらにせよ、この後説明する乗り換えメリットと比較し、実質支払い額が少ない方を選びましょう。

引越しでauひかりを乗り換えるメリット

この記事のタイトルに「乗り換えるだけでメリットは200%増」と記載しましたが、決して釣り目的ではありません。この後の説明をしっかりと読んでもらえば、きっとあなたは乗り換えを選択するはずです。

まずは公式キャンペーンのデメリットを理解しよう

上記で説明した「公式キャンペーン」を思い出してください。引越し先の工事費が実質無料になるものと、撤去工事費の支払いがなくなる2点でしたよね。ちなみに、その2つで得するコストはこんな感じです。

  • 工事費:37,500円(ホーム)
  • 撤去工事費:28,800円

合算すると67,300円。この数字だけ見るとかなりお得な感じがすると思います。また、旧住居で利用していたauひかりの工事費が残っている場合、全額を一括で支払うことになります。

更に、公式キャンペーンは”使っている期間だけ割引されるもの”であり、引越し先の契約を早期解約したら多額の解約金が発生します。

管理人
以上のデメリットを理解したうえで、乗り換えて新規で申込みするメリットを確認されてください。

新規キャンペーンの方が2倍お得

乗り換えで「解約金・工事費残債」最大10万円を負担!出典:SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン

上記画像は「ソフトバンク光」が実施している乗り換えキャンペーンです。その内容を簡潔に説明すると…

  • 解約違約金を全額負担してくれる
  • 撤去工事費を全額負担してくれる
  • 工事費の残債を全額負担してくれる

そうです。auひかりを解約した時に発生した「全ての解約金を全額キャッシュバック」してくれるのです。一応、負担する金額に上限はありますが、最大10万円までOKなので限度額をオーバーする人はまずいないと思います。

正直、ここまで豪華なキャンペーンは、潤沢な資金力のある「SoftBank」以外にできないはずです。

手続き方法も簡単で、契約後にキャンペーン申請手続きをし、証明書をアップロードすれば、現金に換えられる”普通為替”が自宅に届きます。

更に詳しく知りたい方は以下の記事が参考になります。

代理店独自の高額キャッシュバック

ソフトバンク光に転用でキャッシュバック

ネット回線に新規申込みすると”高額キャッシュバック”があるのはご存知でしょうが、どのサービスでいくらぐらい貰えるのか?までは知らない人も多いのではないでしょうか。

なので、この記事の作成時にリアルタイムのキャッシュバック額を調査しておきました。

キャッシュバック相場
ソフトバンク光 55,000円
So-net光 35,000円
NURO光 35,000円
ドコモ光 30,000円

「え!こんなに貰えるの?」と感じた方も多いはず。優良な代理店窓口から申込みするだけで、上記のキャッシュバックを誰でも簡単に貰うことができます。

しかも、代理店同士が条件面を競ってくれたおかげで、契約してからキャッシュバックを受取るまでの期間は”3ヵ月~6ヵ月程度”とめちゃくちゃ早くなりました。もちろん、無駄なオプションなどに加入する必要はありません。

auひかりを移転手続きしてしまうと工事費などの割引のみですが、乗り換えならこんなにもメリットが満載なんですw

公式キャンペーン&高額キャッシュバックは併用できる!

公式キャンペーン&高額キャッシュバックは併用できる!

「公式の乗り換えキャンペーン」と「代理店の高額キャッシュバック」、片方だけだったらauひかりの移転手続きをおすすめしていると思います。しかし、乗り換えを強く推奨しているのにはそれなりの理由があります!

2つのメリットをどちらとも受け取り可能

凄すぎますよね(笑)仮に、ソフトバンク光のあんしんサポートとキャッシュバックの両方を受取った場合、乗り換えで得られるメリットは恐ろしい額になります…

キャッシュバック額
あんしんサポート 最大100,000円
代理店キャッシュバック 最大55,000円
合計 最大155,000円

あんしんサポートは現金キャッシュバックではないので懐には入れられません。それと、ソフトバンク光の代理店キャッシュバックの中には「新生活応援キャンペーン」という公式のキャッシュバックも含まれます。

ただ、auひかりの解約金は実際に払うものなので、大幅なコストダウンに繋がっているのは間違いありません。

管理人
記事のタイトルで「乗り換えなら200%のメリット」と記載した意味を理解できたと思います。300%のメリットでも良いぐらいですよねw

乗り換えをおすすめする人

移転手続きではなく”乗り換え”をおすすめする人の特徴を紹介します。ひとつでも該当するものがあれば、絶対に損する申込みだけはしないように!

1円でもお得に引越しをしたい

乗り換えるメリットは上記で説明した通りですが、auひかりをそのまま使い続けたところで…

  • 撤去工事費が掛からない
  • 引越し先の工事費が割引される

せいぜいこの程度しかありません。一方で、乗り換えサポートをしてくれる「ソフトバンク光」に乗り換えれば、気絶するぐらいの恩恵を受けることができます!少しでもお得な引越しにしたければ、乗り換え以外の選択肢はありません。

au以外のスマホを使っている&使う予定

auひかりは「auスマートバリュー」を適用させることが最大のメリットです。その為、スマホのキャリアが「ソフトバンク・ドコモ」の場合は、auひかりを利用しても全くお得なサービスとは言えません。

使っているスマホに合わせた回線選びも正しい方法のひとつです。

⇒どの回線が一番安くなるか電話で確認してみる

auひかりの回線速度に満足していない

auひかりは独自の光ファイバーを使用しているので、他の回線に乗り換えることで今より速度が速くなるケースもあります。

特にauひかりマンションは、建物によって契約できるプランが決まっているため自分では選べません。もし、最大速度が100Mのプランを使用しているケースなら、他社回線の1Gプランにすれば改善される可能性は高いです。

提供タイプ 契約数 下り最大速度(カッコ内は上り)
タイプV 16契約以上 100Mbps(35M)
8契約以上 100Mbps(35M)※1
都市機構デラックス 100Mbps(35M)※1
タイプE 16契約以上 100Mbps(100M)
8契約以上 100Mbps(100M)
タイプF 100Mbps(100M)
マンションミニ ギガ 1Gbps
マンション ギガ 1Gbps

契約しているプランは「My au」にログインして確認するか、auひかり公式のサポート窓口に電話して聞いてみてください。

乗り換えを依頼する代理店窓口選び

auひかりをおすすめしたい人

auひかりから他の光サービスに乗り換えることに決まったら、後はどの代理店から申込みするか?窓口を探す作業のみとなります。

とはいえ、光回線の代理店は星の数ほど存在します。知識もないまま1社に絞り込むのはかなり大変なので、代理店窓口を選ぶ時に注意してほしいポイントをいくつかアドバイスしておきます。

優良代理店の特徴

  • 相場通りのキャッシュバック
  • キャッシュバックにオプションなどの加入条件なし
  • 受取り時期は3~6ヵ月以内
  • 電話の対応が親切・丁寧
  • 複数の光回線サービスを取り扱っている

以上の項目に全て当てはまっていたら、その場で申込みを依頼してもトラブルに遭うことはないと思います!

ただ、ググったりして自分ひとりで探すのが面倒な場合は、先日、ドコモ光からソフトバンク光への乗り換えでお世話になった窓口をご利用ください。もちろん、項目には全て該当していて、なにより強引な営業を一切してきません。

申込みする際、キャンペーンの内容だけはしっかりと確認してくださいね!

まとめ

auひかりの引越しは乗り換えがお得!としつこく解説しましたが、引越しでは荷造りやその他の手続きでバタバタするものです。移転手続きの方がいくらか手間は少ないので、どうしても手が回らないという方はauひかりを引き続き利用してください。

引越し先がauひかりエリア外だった人、手間はどれだけ掛かってもいいから得したい人は、今回説明したことを是非実践されてください。

最後に、光回線の引越しはボーナスチャンスです。数年に一度しか来ないこのチャンスを逃さないようにw