焦らず確認!ドコモ光の通信障害で考えられる3つの原因と対処法

焦らず確認!ドコモ光の通信障害で考えられる3つの原因と対処法

現代はインターネットの時代です。ニュースを確認したり、連絡を取り合ったり、動画を見たりと、インターネットを利用する機会は多いものです。

また、家庭でインターネットを利用し、仕事をこなす人々も増えています。その為、現代はネットが使えなくなると非常に困ってしまう時代だと言えるでしょう。

ドコモ光を利用しているのなら、通信障害の原因と対処方法を知っておくことはとても大事なことです。では、ドコモ光の通信障害の原因と対策、そして予防方法などについて、詳しくみていきましょう。

光回線選びが面倒な方へ

これだけは言っておきます。無数にある光回線の料金やキャンペーンを比較し、その中からひとつだけ選ぶのはめちゃくちゃ大変な作業で時間もかかります。

そんな無駄な時間を費やすなら、リアルタイムで一番お得なサービスを提案してくれる専門家(代理店さん)にアドバイスをしてもらいましょう!

当然、相談料は1円も掛からないうえ、公式にはない高額キャッシュバックまで受け取れます。

また、主要なサービスであればほぼ取扱いしているので、あなたに適したインターネット回線が必ず見つかるはずです!悪いことは言いません…

プロに頼った方が100%得しますから。

光回線で起こりやすい通信障害とは?

ドコモ光に限らず、光回線を利用している際に通信障害に見舞われることはあるものです。

光回線で起こる通信障害にはいろいろなものがありますが、おもな原因としては台風や地震、雷などの自然災害があります。また、光ファイバーはケーブル回線によって引き込まれているものなので、途中でケーブル回線に障害があると通信をすることができません。

ケーブル回線だけではなく、ルーターなどの通信機器の不具合による通信障害もあります。ケーブル回線や通信機器に不具合が無くても、工事やメンテナンスがあると通信が途切れる可能性が生じます。

さらにケーブルや通信機器などに異常が無く、工事やメンテナンスも行われていない場合、考えられるのは料金の未納です。

このように、通信障害の原因として考えられるものは多種多様ですが、発生する原因が分かれば通信障害を予防、対策することが可能になります。発生原因について、以下で1つずつ詳しく解説しながら挙げていきます。

通信障害の原因として想定されること

ドコモ光が突然つながらなくなった!という時は、カスタマーに電話しても回線がパンク状態で繋がりにくい可能性が高いです。

原因の特定さえできてしまえば焦ることなく対処できるので、回線トラブルで原因となりうることを3つ紹介します。もし、それらに該当しなかった場合は、ドコモ光に直接問い合わせされてください。

台風などの自然災害

ドコモ光の通信障害のうち、ドコモの公式サイトで情報を公開されているものがあります。具体的な障害情報は、「重要なお知らせ(通信障害等)」というページで知ることが可能です。

ドコモ光の重要なお知らせページ

このページを見てみると、台風や地震などといった、広範囲に影響を及ぼす自然災害による通信障害が多いことが分かります。台風の場合は、強風により光ケーブルが断線する恐れが生じます。また大きな地震では、より広い範囲で光ケーブルの断線が生じることもあり得るのです。

台風や地震を防ぐことはできません。しかし災害時を想定し、他の通信方法を調べて知っておくことは大事です。まず身の回りの安全を確保し、他の通信方法を試しながら、ドコモ光の通信が回復するのを待ちましょう。

光通信に対する、台風や地震の影響を個人的に防ぐことは難しいとされていますが、落雷から受ける被害はある程度予防することができます。

落雷は、電線を通じて室内のパソコンやルーターに被害を及ぼします。直接、個人のパソコンや周辺機器にダメージを与えるのが落雷なのです。この落雷による被害を防ぐ方法としては、次のようなものが挙げられます。

  • 落雷発生時にはパソコンや周辺機器のコンセントを抜く
  • 落雷をガードする機能の付いたコンセントを使用する

落雷は電線を伝わってくるので、コンセントを抜けばそこから先へは被害が及びません。落雷発生時にはパソコンの電源を切り、周辺機器と一緒にコンセントを抜くようにしましょう。

とはいえ、落雷の発生は不在時にも起こり得るものです。パソコンや周辺機器の電源が入っていなくても、落雷によりダメージを受けることがあります。

その為、不在時でも落雷からのダメージを回避できる、落雷ガード付きのコンセントを導入するというのも手です。このコンセントを使用していれば、在宅時でも慌ててコンセントを抜く必要がありません。

工事やメンテナンス

落雷や台風ではなく、回線や通信機器の不具合でもない場合は、ドコモ光による工事やメンテナンスが通信障害の原因という可能性があります。

ドコモ光が実施している工事やメンテナンス情報は、NTTドコモの公式サイト内にある、「ドコモ光の通信障害情報を確認する」というページで確認することが可能です。

ドコモ光工事・故障情報について

使われている回線に応じた工事情報やメンテナンス情報が載っているので、該当する回線を調べてみるのも方法の一つです。また、メンテナンスや工事は事前にメールなどで案内をされていることがあります。メールの設定によっては見過ごしてしまう可能性があるので、ドコモからのメールはしっかりと確認し、メンテナンスや工事に備えておく必要があります。

メンテナンスは通常、ネット利用者の少ない時間帯を選んで実施されます。深夜から早朝までの時間帯での実施が多いのですが、まれにメンテナンスが長引いて予定通りに終了しないことがあります。

これはドコモ光に限ったことではありません。予想外の事態が発生し、作業が終わらない場合は公式サイトなどでメンテナンスの延長が通知されます。メンテナンスの終了時間を過ぎてもドコモ光が繋がらない時には、公式サイトを確認してみると情報を得ることができます。

料金が未納になっている

これまで確認してきた事柄に問題が無いのに、ドコモ光が繋がらない場合はドコモ光の料金が未納になっている可能性があります。

実は料金の未納によってドコモ光が使用できなくなることは、決してあり得ない話では無いのです。というのは、ドコモ光の料金を口座からの引き落としで支払っている場合、残高不足で引き落とされないことがあるからです。

特に引き落とし専門の口座を使用していると、残高を忘れる可能性が高くなります。毎月の引き落とし日の前に残高を確認し、料金が未納にならないようにすることは大事です。

また、請求書による支払いにも注意が必要です。

余裕を持って支払うことができるように、請求書は早めに郵送されます。ところが余裕があるからと後回しにしているうちに、忘れてしまうことがあるのです。特に仕事や家事で忙しいと、忘れる危険性が高まります。早めに支払いを済ませ、未納を防ぎましょう。

クレジットカードでの支払いの場合は、利用残高をチェックしておく必要があります。

クレジットカードは利用限度を超えると使用できません。そのため知らないうちに料金が未納になってしまうことがあるのです。これらの原因で料金が未納になると、督促状が送られてきます。この督促状を見逃してしまうと、ドコモ光が使えなくなることもあるので特に注意が必要です。

ドコモ光の通信トラブル時、どう対処すればいい?

通信トラブルが起きてしまうと、仕事などに支障をきたす場合が多いでしょう。どうしてもすぐに復旧しないと困る方は、これから説明する対処法を覚えておくと役立つかもしれません。

仕事など1分でも早く繋げたい時の対処法

クラウドソーシングやリモートワークを活用し、自宅で仕事をこなしている人々が増えています。

副業として、あるいは独立した専門職として、インターネットを利用した仕事を営む人々にとっては、通信障害は大変困ってしまう事態です。仕事の打ち合わせはもちろん、作成したものを納品することもできません。

納品の遅れは、信用状態の悪化を招く可能性があります。また、時間単位での契約の場合は、連絡が取れないと休業扱いとなることもあります。ネットでの仕事が収入に大きく関係をしている場合、まさに死活問題となるのが通信障害なのです

その為、普段から他の通信方法を模索し”緊急時に備える必要”があります。

他の通信方法として最初に考えられるのが、図書館やカフェなどでのフリーwi-fiの利用です。また、ネットカフェに設置されているパソコンを使用するという方法もあります。

どちらの方法も緊急の時には有効なものですが、利用には注意も必要です。なぜならフリーwi-fiやネットカフェには、セキュリティの面で心配な点があるからです。

大事な仕事の通信は控えるか、最小限に留めるようにしましょう。また、他者契約のスマホを所有していてデザリング契約を結んでいるのなら、そのスマホとパソコンを繋ぐことができます。料金はかかりますが、緊急時にはとても役に立つ方法です。

困らないために普段から心がけることは?

ドコモ光の通信障害は生活に支障をきたす可能性があるので、できるだけ避けるのが賢明です。通信障害を起こす原因のほとんどは、ある程度予防することができます。

まず、工事やメンテナンスの情報は見逃さないように普段からチェックするようにしましょう。特にメールの場合は注意が必要です。メールをためておくと紛れてしまうことがあるので、こまめにメールの確認を行い、定期的に整理する必要があるでしょう。

また、公式サイトのメンテナンス情報を折に触れ確認することも大事です。通信機器に関しても同様で、普段から状態をチェックし、乱暴に扱わないようにすることが重要です。

特に気を付けたいのが、ケーブルの取り扱いです。ケーブルが乱雑になっていると、思わぬ時につまずいてしまうことがあります。その際に、ケーブルが抜けたり差込部分を破損してしまうことがあるので注意が必要です。

また、椅子の足でケーブルを踏むと、断線してしまうことがあります。パソコンとルーターなどの距離が遠く、ケーブルが長いと断線の危険性は高まります。これを防ぐために、無線LANの導入を検討するのも一つの手でしょう。古くなったルーターなどは、タイミングをみて新しいものと交換をしましょう。

それにより、通信速度が速くなる可能性も生じます。普段からドコモ光の通信速度が遅く感じたり、繋がりにくいと感じたりしている場合は、ドコモのサポートに相談をしてみましょう。

まとめ

現代ほど、インターネットが生活に溶け込んでいる時代はありません。

インターネットを使えることが、当たり前だと感じている人々も多いことでしょう。それほどインターネットは生活に密着し役に立っているのです。パソコンで仕事を行い、ネット経由で納品することも普通に行われています。

ところが便利な反面、インターネットは通信障害に弱いという1面も持ち合わせています。パソコンで作成した書類や課題も、送信をすることができなければ意味がありません。

記録媒体に入力して郵送する方法もありますが、時間効率はとても悪くなります。このため、通信障害が発生すると慌ててしまい、軽いパニック状態に陥ることもあります。

まず、冷静になって通信障害の原因を探り、できることから対処をするようにしましょう。

また、普段から通信障害の予防を心がけ、ケーブルや通信機器の状態に気を配ることも大事なことです。ネット回線は上手に使い、インターネットの恩恵を最大限受けられるようにしていきましょう。